1時間で100個出る! 生み出したアイデアは宝のリスト

みなさんはアイデアをどのように生み出していますか。ひとり机に向かい「うんうん」とうなりながら考えていますか? それともパソコンでネットサーフィンなんかしながら考えていますか? 『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』連載第11回は、大量に出し、厳選してきたアイデアのまとめ方を解説。あなたの欲から出てきたアイデアは、まさに宝のリストです。今はいまいちと思っても、後々大化けするかもしれません!

「いいアイデア」をまとめて一覧にしておこう!

前回と前々回で、3つのフィルターで企画にしたいアイデアを選ぶという方法を説明しました。このうち1と2のフィルターを通過したものを、僕は「いいアイデア集」としてメモしています。Excelでのかけ合わせメモで、色をつけてマーキングするアイデアも、1と2のフィルターに引っかかるな、と直感したものです。 もちろん、ここでピックアップした「いいアイデア」も、すべて企画にできるわけではありません。さらにここから優先順位がついて、より実現させたいアイデアから順に、企画にできるかどうかを考えていくことになります。

また、「このアイデアを具体的に企画にしたい」と思った時には、3番目のフィルターである、他人に聞くということも行って吟味します。 この段階で、企画にすることを検討できるアイデアは少なく、狭き門になるでしょう。

しかし、企画にしたい「いいアイデア」は、いつどんなタイミングで、人に求められ、実現できる機会が来るかわかりません。ですので、その時にすぐに思い出して、企画づくりを進められるように、一覧できる形でとっておくことをおすすめします。



「いいアイデア集」のつくり方

では、具体的にどのようにして「いいアイデア集」をつくっていくのかをご説明しましょう。僕は、数多くのアイデアの中からピックアップした、企画にしたい「いいアイデア」も、ネタと同様に、一覧できるような形でEvernoteに保存しておきます。ネタ帳とは別の、「いいアイデア集」です。 ここまで説明してきたアイデア発想には大きく2ステップありました。

・「お題」×「ネタ」でアイデアを考える
・出てきたアイデアに、ランダムワードをかけ合わせてさらに出す

この、どちらの方法で出てきたアイデアも、一緒に「いいアイデア集」にメモしていき ます。上記2つの発想法でアイデアを区別する必要はありません。 書き写す時に、さらにいいアイデアに変化させたり、考え直してみたらあまりいいアイデアではなかったものは外したり、などの調整をしながら、いいアイデアをまとめておき、企画づくりに活用していきます。

ただ、僕は多岐にわたる企画をつくる仕事をしているので、この「いいアイデア集」も、お題やカテゴリーごとに分類しないことが多いのですが、各自の仕事のスタイルによって、たとえば「本業に関するアイデア」と「本業と関係ないアイデア」など、分けてメモしておいてもいいでしょう。

この時、「いいアイデア集」から漏れた「かけ合わせメモ」(=不採用のアイデア)も、もちろん消さずにとっておきます。 なぜなら、いろいろな案件でアイデアに困った時に、過去のかけ合わせメモを見返すと、思いもよらないヒントが見つかることがあるからです。
頻繁に振り返ることはないかもしれませんが、どこにダイヤの原石となるようなアイデアがあるかわかりません。 データで保存しておく分には、かさばることもないので、捨てずに取っておくことをおすすめします。

1時間で1 0 0 個のアイデアをつくれる!

「かけ合わせメモ」を書くことに慣れてくると、信じられないほどたくさんのアイデアを、短時間でつくることができるようになり、そのことに驚くはずです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

売れる企画を仕組みで生み出すメモの技術をもっと知りたい方はコチラ

この連載について

初回を読む
一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)

高橋晋平

ヒット企画を生み出すのに特別な才能なんていりません。必要なのはメモの技術です。本連載は、∞プチプチなど大ヒット商品を数々生み出してきた高橋晋平氏の最新刊『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』から、クリエーターでも何でもないごくご...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません