ヤミ市「呑んべ横丁」が転生した“横丁ビル”【大森飲食街ビル】

数々の街歩き取材を重ねてきた、文筆家・路地徘徊家のフリート横田氏。2020年 の大イベントを前に、東京の街が大きな変貌を遂げつつあることを肌で感じているといいます。その危機感から始まった本連載。
第十五回は、戦後に出来た飲み屋街がルーツの大森飲食街ビル。名もなき人々が作り上げ、今なお地元に息づく飲み屋ビルへようこそ。

夜半、裏路地に向かって原色の光を投げかけている古びた二階建てのビル—。光は、入口上部に掲げられた約50枚の短冊状看板群から発せられている。赤、青、黄色、ピンク……目に染みる色彩の上に、スナックの名前が並ぶ。

大森駅東口、線路沿いの狭い通りに、鉄筋コンクリート造二階建ての、この建物が佇む。その名は「大森飲食街ビル」。一歩中に足を踏み入れれば照明は薄暗く、上下階とも翳の濃い、“路地”のごとき通路がビル中央に走り、両脇に小さな飲み屋が並ぶ。最小のコマは2坪ほどしかない。

一目見て、「この横丁を押し込んだようなビルは、戦後以来の飲み屋の系譜を引いているに違いない」と感じたが、やはりそうであった。過去連載でもあったことだが、ここもまた、ヤミ市の人々が移転して生み出した飲み屋ビルなのである。


終戦後、線路沿いに出現した
バラック飲み屋街の姿

「終戦後、駅前から公園あたりまで、ずーっとバラックが並んでたの」

このビル内でもっとも古くから入居する、ある女性は教えてくれた。

昭和20年4月の城南空襲で大森駅前は焼き払われてしまったが、ビルの建つ土地は、戦中、建物疎開(空襲による火災が燃え広がらないよう、あらかじめ建物を壊して火除け地を作っておく措置)によってすでに空き地となっていた場所だ。終戦後は、東口駅前から蒲田方面に向け、この土地を含む線路沿いには現在の入新井公園付近まで長々と、平屋や二階建てのバラック小屋が並びだした。物販の店もあったが、飲み屋が多かったという。そう、ヤミ市である。最初期はバラックでさえなく、露店だったようである。

左右いずれも米軍による航空写真だが、バラック街のあったあたりの大まかな目印を入れてみた(赤枠)。昭和23年(左)の写真をみると、まだほとんど更地のままだ。昭和31年の写真(右)を見ると、小さな建物が並んでいるのがわかる。昭和20年代前半から後半にかけて、飲み屋街化していったのだろう。(出典:国土地理院ウェブサイトより。写真は筆者が該当箇所をトリミング、目印を追記)
http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificati...
http://mapps.gsi.go.jp/maplibSearch.do?specificati...


「そこはね、『呑んべ横丁』って呼ばれてたのよ」。

女性が教えてくれたこの名は、昔は他の盛り場でも時々見かけたもので、まだいくつか現存する場所もあるが、まあ便宜的に誰かがひとまず付けたような、あってもないような俗称だ。このテキトウ極まりない名前が、かえって気取りもなくて、いい。大森周辺にはこんなバラック飲み屋街がいくつもあった。

余談になるが、その一つが駅の反対側西口駅前に今も存続する「山王小路飲食店街」である。急な階段を下りて行き、谷底のような土地まで来ると、小さな飲み屋や飲食店が並び、地元では昔から、「地獄谷」と俗称されている。戦後間もないころは今のように立派な階段もなく土手だったようで、「酔い潰れたら這い上がれない地獄の谷よ」などと、笑って教えてくれた古老もあった。このあたりで飲み遊んでいた文士たちの誰かが名付けたとも伝わるが、よく分からない。

並ぶ建物は、改築されてはいるものの、相当の年季が入っている。ここもかつてはヤミ市。たった二人のテキヤの差配によって開かれたといわれている(お妾さんを何人も持つなど相当隆盛した人々だったとも)。やっぱりここもか、というべきか、道路拡幅計画のために周辺の再開発話があり、存続は厳しくなってきているのだが……。さて、話を戻そう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

2020年五輪の話題が「光」なら、消えゆく昭和の風景は「翳」。まぶしい光でなく翳にこそ惹かれる、そんな人々に向けた渾身の一書!

この連載について

初回を読む
東京ノスタルジック百景 シーズン2 ~今見ておきたい昭和の風景

フリート横田

ライター兼編集者として、数々の街歩き取材を重ねてきたフリート横田氏。著書『東京ノスタルジック百景』からのcakes連載が好評を博し、満を持して書き下ろしの連載がスタート。2020年の大イベントを控え、急激に変化しつつある東京。まだわず...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

fleetyokota @hiro196908 東口の線路沿い、大森飲食街ビルです。よろしければ拙稿をどうぞ。 https://t.co/BzPaiPWPZu 5ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 8ヶ月前 replyretweetfavorite

nogyuwo めちゃくちゃ怪しくて良い景色だ https://t.co/wmIBVTSEBQ 8ヶ月前 replyretweetfavorite

fleetyokota ケイクスの連載記事が公開。今回は、 一週間は無料で全文読めます。|フリート横田 @fleetyokota |東京ノスタルジック百景 シーズン2 ~今見ておきたい昭和の風景 https://t.co/BzPaiPWPZu 8ヶ月前 replyretweetfavorite