仕上げにアートを自分の目で観てみる

大人の教養として知っておきたい西洋美術と日本美術の全体像について、アートコンシェルジュの山内宏泰さんに教えていただくこの連載。最終回となる今回は、ハズレのない展覧会の選び方をお伝えします。

西洋と日本の双方で、アートの全体像を駆け足で巡ってきました。
言及したのは時代を画す巨匠とその作品ばかりなので、なんとなく見覚え・聞き覚えがあることも多かったのでは?
それら画家・作品それぞれのつながりが見えてくると、「なるほどわかった!」と思えます。流れを読む。文脈を知る。それがアートをいっそう楽しむポイントです。連載でもその点に注力してまいりました。

ですから、これまでの回を読んでいただいていれば、それだけでもう、
「アート? 西洋美術も日本美術も、だいたい知ってるけど」
と言い切って、まったくかまわないと思いますよ。
今回はもうひとつだけ、アートを知るために必須のことを挙げておきたく思います。それは、
実物に触れること。

世界でただひとつのオリジナルである。それが、あらゆるアートの価値の源泉です。アートの世界がすばらしいのは、そうしたオリジナルに接触する機会が、積極的に設けられている点です。それは主に展覧会というかたちで実現されますね。
アートを知る仕上げに、ぜひ展示へと足を運びましょう。

ハズレのない展覧会の選び方

とはいえ、展覧会と名のつくものは無数に開催されています。テレビCMまで打って大々的に宣伝され、入場するのに行列しなければならない大型展もあれば、小さいギャラリーでひっそりと開かれ、足を踏み入れるのにたいそう勇気のいる展示だってあります。はて、どれを選べばいいのか。
ハズレのない選び方をひとつご提案しましょう。「常設展」に行けばいいのです。

多くの美術館には、収蔵品を見せるための常設展示室があります。よく話題となる企画展を開くのとは別の場所が、ちゃんと用意されているのです。

美術館の本来の役割は、美術品の収集、保存、研究、展示です。良心的な美術館であれば、アイデンティティを賭してコレクションを形成し、それらをいい状態で観てもらうことに腐心しています。その成果たる常設展に注目せずして、他にどんな観るべきものがあるでしょう。
それに、考えてみてください。パリならルーブル。ロンドンでは大英博物館。ニューヨークは近代美術館(MOMA)。海外旅行ではみなさん、世界的な美術館を観光ルートへ組み込みますね。そのとき観ているのは、各館の常設展示です。国内の常設展示にだけ目もくれないのは、なんとももったいない話です。

では、日本ならどこへ行くか? 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
大人の教養としてのアート入門

山内宏泰

ルノワール、ゴッホ、ピカソ、葛飾北斎……名前を聞いたり作品を観たことはあるけれど、「印象派」の意味やピカソが偉大な理由を説明できる人は少ないのではないでしょうか。大人の教養として知っておきたい西洋美術と日本美術の全体像について、アート...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bus_gasbusgas 「ハズレのない展覧会の選び方」の提案はまさにその通り。 約1年前 replyretweetfavorite

plastic_candy 「ハズレのない展覧会の選び方」。これは納得(╹◡╹) 約1年前 replyretweetfavorite