恋に落ちる瞳をメイクでつくれるって本当!?

メイクには興味があるけれど、どうしていいのかわからない。あるいは、「私、美容マニア」って人も、「メイクなんて面倒」なんて人も。誰もがほんのひと手間で、大きく変わることができるんです。
とても簡単なのに、さりげなくきれいになれる。 モデルでも、女優でもなく、自分自身の笑顔がお手本! そんなコツを、書籍『スマイルメイク』の著者、広瀬あつこさんが伝授します。

前回、ご紹介したアイラインは、微笑んでいるような、「たれ目」づくりの最大のポイント。

では、それに続く、アイシャドウやまつ毛の役割は? それは、明るく生き生きとした印象をつくること。

目を大きく見せるための効果もあります。アイラインだけでなく、アイシャドウとまつ毛を、きちんと仕上げることで、美しい目元のバランスが実現します。

そのためのポイントは3つ。①アイシャドウで立体感をプラス。目頭とまぶたの上下に明るいパール感を加えることで、より、立体的な目元に。

②ブラウンで目元を引き締めます。目のキワにブラウンを入れて、目元のフレームをきっちりつくることで、自然でありながらくっきりしたまなざしに。

③アイシャドウでアイホールにダブルラインを描き、眉と目の間を狭く見せます。こうすることで、より顔がキュッと立体的に見えるのです。

ダブルライン? なにそれ?と思う方もいらっしゃるでしょう。

そもそも、メイク本でよく言われるようなアイホールにとはどこを指すのか、知っていますか? 上まぶたを軽く指で触れ、眼球のカーブを確認しましょう。この眼球のふくらみがアイホール。

そして、ダブルラインは、指で軽く触れたときに、この眼球と骨の間にあるくぼみ部分に入れます。ラインと言ってもアイライナーを使うのでなく、アイシャドウを使います。

では、実際のテクニックをご紹介しましょう!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
誰だって、美人度5割増し! 人生を変えるメイク

広瀬あつこ

第一印象がアップする、幸せそうな美人になる! そんなことがメイクで可能に。 しかも、お化粧が苦手な人だってできる。手持ちのプチプラコスメだけでも、実践できる。 簡単にそして、とてもさりげなく変わるための方法。それが「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません