ピカソの絵は何がすごいのか

大人の教養として知っておきたい西洋美術と日本美術の全体像について、アートコンシェルジュの山内宏泰さんに教えていただくこの連載。第5回目は、20世紀を代表する画家、ピカソについてのお話です。一見、誰にでも描けそうに見えるピカソの絵。なぜ、こんなにも評価されているのでしょうか?

絵画とは単なる外界の「写し」ではなく、自分の感情や個性、ビジョンを表現するための器なのだ! と強気の主張を繰り出したのは、印象派のモネやルノワール、ポスト印象派のゴッホ、ゴーギャン、セザンヌといった面々。19世紀後半から20世紀初頭にかけて、彼らがアートの新しい潮流を生み出しました。

そんなアートのありようを20世紀になってさらに定着させた筆頭といえば、ピカソでしょう。
ピカソは画家という範疇を超えて、20世紀を代表する人物のひとりと目されますね。子どもの落書きみたいに無邪気な絵がトレードマークになっていますが、あの作風はかなり晩年に現れてきたもの。そこへ至るまでに彼は、あらゆるアートの様式を試みました。

ピカソが「あの作風」にたどりつくまで

長生きだったピカソは20世紀初頭から1970年代に没するまで、スタイルを次々と変えながら膨大な作品を描き残します。小さいころからデッサン能力は抜群だったので、19歳で出生地スペインを離れ、自信満々に芸術の都・パリへ赴くと、さっそく独自の画風を確立します。暗くて濃い青色が画面を覆っていたことから「青の時代」と呼ばれたもので、抒情たっぷりに貧者や老人を描きました。
色調が明るくなりモノの形態もかっちりとした「ばら色の時代」を経て、ピカソは1907年、《アヴィニョンの娘たち》という作品を描きます。

その名の通り5人の女性が画面を埋めているのですが、一人ひとりの姿はまことに奇怪です。まず身体に厚みがまったくない。丸みもない。ポーズは捩(ねじ)れていて、うしろ向きの身体に正面を向いた顔がのっているありさま。

誰もが度肝を抜かれました。これ以降、ピカソが描く画面はいっそう平面化され、表われ出る形態は幾何学的な模様のようになりました。これをキュビズムといいます。訳せば立体主義、すなわちキューブを積み重ねたような描き方という意味合いとなりますね。

なぜピカソは常識はずれの絵を描いたのか?

ここに至って、西洋絵画が何百年にもわたり積み上げてきた写実の伝統は、完全に叩き潰されてしまいます。せっかく画面を外界そっくりにしようとして、画面に立体感や遠近感、つまり「厚み」を持たせようとあの手この手で工夫を凝らしてきたというのに。ピカソは画面を完全にペシャンコにしてしまい、人物も実物とは似ても似つかないかたちに変えてしまったのでした。

そうしたピカソの絵がインパクト抜群なのはまちがいなし。なのですが、ふと疑問に思います。なぜ彼はそんな常識はずれの絵を描いたのだろうかと。
すでにあるものを、とにかく破壊したかった? たしかにそれもあるでしょう。既存のものを否定し新しいものを探し求めるのは、アーティストの基本姿勢ですから。

でもそれ以上にピカソは、絵画そのものによって人の心を動かしたかったんじゃないでしょうか。

従来の絵画は、外界をありのまま写し取ることに血道を上げてきました。
「こんなそっくりに描けるの、すごい!」
「かくもすてきな人や景色がこの世に存在するのか、あこがれちゃう……」
といった感慨を、観る人にもたらすためにありました。写すことの悦び、未知のものに触れる愉しさがそこにはあるのですが、描かれた対象の魅力に依存している部分があることは否めませんね。何が描かれているか、それがどう巧く表現されているかに依っているわけです。

ピカソは、現実をそっくり画面に写し取ることをやめました。画力は抜きん出ているので、やろうと思えばやれるのにしなかった。現実にあるものをバラバラに解体してしまい、平面の画面にペタペタ貼り付けるような描き方をしました

思いつきそうでなかなか思いつかないもの
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
大人の教養としてのアート入門

山内宏泰

ルノワール、ゴッホ、ピカソ、葛飾北斎……名前を聞いたり作品を観たことはあるけれど、「印象派」の意味やピカソが偉大な理由を説明できる人は少ないのではないでしょうか。大人の教養として知っておきたい西洋美術と日本美術の全体像について、アート...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sena_spz なるほどね。完璧に理解した。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

hidekobayan 「対象に頼らず、画面そのものによって人の心を動かす、つまりは感動させるのが 5ヶ月前 replyretweetfavorite

kaoruchy 面白い、これはとても面白い。ピカソ見てきたから、余計に面白い。 5ヶ月前 replyretweetfavorite

ARTLOGUE_org 【PICK OUT A ・ cakes | 山内宏泰 https://t.co/BjJuxOhjWs 5ヶ月前 replyretweetfavorite