感情は目が語る!? 整形しなくたって、印象的な目元はつくれる!

メイクには興味があるけれど、どうしていいのかわからない。あるいは、「私、美容マニア」って人も、「メイクなんて面倒」なんて人も。誰もがほんのひと手間で、大きく変わることができるんです。
とても簡単なのに、さりげなくきれいになれる。 モデルでも、女優でもなく、自分自身の笑顔がお手本! そんなコツを、書籍『スマイルメイク』の著者、広瀬あつこさんが伝授します。

目元は感情を司るパーツ。”楽しい・うれしい・感動している”というようなポジティブな感情や、反対に”悲しい・つらい・怒り”などネガティブな感情は、たとえ、口元をマスクで隠していたとしても、目の表情から気持ちを読み取ることは可能です。

そこで、好感度の高い「いつも微笑んでいる顔」をメイクで再現する「スマイルメイク」では、笑っている目元をメイクで形状記憶させるのがポイントです。連載の第一回目でお伝えしたように、目尻が下がり、眉間が開く、というのが笑顔のサイン。では、笑ったときの目元を、どのようにメイクで再現するのか、詳しくご説明します。

アイメイクの最大のポイントとなるのがアイラインです。突然ですが、みなさん、アイメイクのどのタイミングでアイラインを描きますか? アイシャドウを塗った後? それとも、アイラインは苦手だからパスしている?

私が提案する「スマイルメイク」では、最初にアイラインを描くことをおすすめします。なぜなら、ここでお教えするアイラインは目元の横幅を広くすることで、”整形効果”も狙っています。だからこそ、最初にアイラインを入れて、全体のバランスを決めます。また、最初にアイラインを入れることで、目元もくずれにくくなります。また、アイラインを入れることが苦手な人でも、ここでご紹介するテクニックを使えば、失敗せずに入れられるはず!

では、早速、実践してみましょう!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
誰だって、美人度5割増し! 人生を変えるメイク

広瀬あつこ

第一印象がアップする、幸せそうな美人になる! そんなことがメイクで可能に。 しかも、お化粧が苦手な人だってできる。手持ちのプチプラコスメだけでも、実践できる。 簡単にそして、とてもさりげなく変わるための方法。それが「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ooyook ▶ブスのひがみだけど、こーゆーのは一定以上のお顔立ちの人を対象にしてますからね。 5ヶ月前 replyretweetfavorite