アスリート支援は善意+ビジネスでも成立する必要あり。継続のため。

【小説の展開】伊織付きの運転手コテマリは謎の多い男であるがサープラス社のジョーと旧知で、しかも元全米空手選手権のチャンピオンだった。ブルース・リーとも対戦したことがあるという。スモールワールド? いや、これは策略だ。ジョーは命のリスクさえあるアメリカの不動産ビジネス、マフィアも触手を伸ばすスポーツ・エンターテイメントビジネスを語りはじめる。

*主人公の無瓢 庵(ムヒョウ アン)。背番号99。23歳。アスリート&中華料理のシェフ見習い。実際の女子アイスホッケー代表チーム「スマイルジャパン」に架空のアスリート、アンが参加して物語は進みます。

24.スポーツエンターテイメントは巨大産業。マフィアも含めていろいろな思惑が飛び交うのです

「サープラス側の責任者がたまたま韓国系のリーでね、そしてたまたま彼はネシャドと大学の同窓だった。もちろん、旧知だから参画したんじゃないですよ。ふたりともまっとうなビジネスマンです。ネシャドは地元で公開説明会を何度も開いたりしましたが、ゲットーの区画整理は一筋縄ではいかない。ふたりとも、諍いの象徴的なターゲットとして互いの反対勢力から狙われたんです。ネシャドは難を逃れましたが、リーは狙撃され、半年間寝たきりになりました。まだ陽の高い、日中のビジネス街です」
 私はつばを飲み込んでしまった。何という話か。さすがアメリカ、というべきか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite