心のベストテン

孤独な宇多田ヒカルが小袋成彬を見出した必然

宇多田ヒカルさんのプロデュースによりメジャー・デビューが決定し、SNSなどでも話題沸騰中の小袋成彬さん。今回は、先行曲「Lonely one feat.宇多田ヒカル」のすごさについて語ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

宇多田ヒカルと小袋成彬が出会った必然

柴那典(以下、柴) 今回は小袋成彬さんの話をしましょう。前に我々この連載で「彼が2018年のキーパーソンになるかもしれない」と言いましたが、今年4月にデビューアルバム『分離派の夏』がリリースされることが発表されて、先行曲も配信がスタートしました。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 「Lonely one feat.宇多田ヒカル」ね。タイトルも最高、曲も最高!


Lonely one feat.宇多田ヒカル|Spotify

大谷 最近海外のヒップホップとかR&Bをめちゃくちゃ聴いてるんですけど、その感じと全然遜色ない。すごいクオリティですよ。

柴 「Lonely one」にフィーチャリングで参加しただけじゃなくて、宇多田ヒカルさんがデビューアルバム全曲のプロデュースを買って出たんですよね。レーベルの制作とか宣伝も宇多田チームがまるごと担当している。

大谷 宇多田ヒカルさんが本気だしたら、やっぱりこんなすごいんだって思った。この才能を埋もれさせてはいけない、と。

 実際、おそらく本気でそう感じたんだと思います。たぶん、宇多田さんも待ってたんじゃないかと思うんですよね。

大谷 待ってた?

 宇多田ヒカルという人は、2016年に『Fantôme』というアルバムを出すまで、ほとんど誰とも絡んでなかったんですよ。特に作品の中では誰かをフィーチャリングすることは一切なかった。ずっと一人だったし、ずっと孤高のアーティストだったんですよね。
 だけど『Fantôme』で小袋成彬と「ともだち」を、KOHHと「忘却」を歌って、盟友の椎名林檎と「二時間だけのバカンス」をデュエットした。そういう風に、活動休止から戻ってきた宇多田ヒカルさんはそれまでと違っておそらく他の人と作品を共に作りたかったんじゃないかなって思うんです。

大谷 で、出会えた小袋さんを今度はプロデュースするのも自然な流れだ、と。

革新的なのはリズムと言葉の関係

 で、この「Lonely one feat.宇多田ヒカル」のどこがどうすごいかという話なんですけれど、「星野源 ドドドドドドドドドラえもんの衝撃」でもすこし話したように、やっぱりヴォーカルの譜割りがすごいんです。譜割りっていうのはメロディーの音符の組み合わせのことなんですけど、特にこの曲の中盤(2:07)で宇多田ヒカルさんが入ってくるところがすごい。

大谷 「上目づかいで カメラに笑顔 向ける少年」ってところだ。

 ここ、ちょっと耳馴染みのないリズムとフロウじゃないですか? 「♪う〜わ〜め〜づかいで〜」はすごくゆっくりで、逆に「カメラに笑顔向ける少年」のところは言葉を詰め込んでラップみたいに歌っている。

大谷 従来の日本語の歌とかラップの感じとはちょっと違いますよね。会話の日本語とも違う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

koushikagawa この連載読んですぐN.O.R.K.と國本怜を聞いたけど、どちらもめちゃめちゃ良かった。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

uhkurotori https://t.co/xfW5XSCTwr 6ヶ月前 replyretweetfavorite

kajibow こういう音楽を主軸に考察してくれる記事はすごくありがたい。ありがとうございます。 > 6ヶ月前 replyretweetfavorite

r_miyakawa おもしろいし考えさせられるし、音楽わからないけど、ほんとスゴイおもしろい 6ヶ月前 replyretweetfavorite