気温上昇で菌の繁殖リスク増!【キッチン】から病気を撃退する掃除術

前回の記事でご紹介したトイレの次に病気に感染するリスクの高い場所がキッチンです。食べ残しと水分、気温の上昇で、緑膿菌や大腸菌、黄色ブドウ球菌といった菌が繫殖するリスクが一気に高まります。一方、暖かくなることでこびりつき汚れが落としやすくなるのも事実。掃除と病気のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、病気を防ぐキッチンの掃除術を教わります。

キッチンの感染予防掃除術

◇感染リスク
★★★

◇潜んでいる病原体
緑膿菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌

◇引き起こされる病気、症状
感染性胃腸炎(下痢、腹痛、吐き気、嘔吐、発熱など)

キッチンは、トイレに次いで、家の中で病気の感染リスクが高い場所です。清潔に保たれていないキッチンでは、緑膿菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌といった病原菌が繁殖している可能性があります。

もし、こうした菌が繁殖した場所を触った手で、食品や食器、調理器具などに触れれば、食中毒を引き起こす恐れもあります。キッチンを使ったあとは水気を拭きとり、まな板やふきん、排水溝などを漂白剤で消毒して、食中毒対策に努めましょう

特に食器用スポンジは細菌が繁殖しやすく、胃腸炎などに感染するリスクの高いポイントです。病気を予防するには、まず第一に濡れたまま放置しないことが大切です。

一日の終わりに、熱湯をスポンジ全体にかけたあと、固く絞って、風通しのよい場所で干してください。衛生面から考えると、抗菌性が高いスポンジ や、銅の微粒子を混ぜたスポンジ、乾かしやすい網たわしなどがおすすめです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません