​東大生は苦手科目をどう克服するのか

東大を首席で卒業、財務官僚、弁護士など、華々しい経歴を持つ山口真由さん。自身のキャリアを「才能ではなく、努力を続けることでつかんだ」と断言する彼女が語る、「苦手分野を克服する方法」を連載「天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。」でご紹介します。

苦手なものとは自分の土俵で戦うこと

天才ではない普通の人が、天才的な成果をもたらすには、得意分野を努力すべきと著書で述べています。

しかし、生きていれば、苦手なことのほうが自分に歩み寄ってくる機会も必ずあります。そういったときはどうするべきか?

苦手なことを自分の土俵に持ってきてから、努力をしてブレイクスルーすることを心掛けるべきです。

東大生だって苦手科目はある

 私が在籍していた東大では、学生に幅広い教養を求めていました。

 卒業するためには、私の得意な文系の授業だけでなく、苦手な理系の授業においても、どうしても必要な単位を取らなければいけないのです。

私の勉強方法は、圧倒的にインプット作業を重視しています。

 私が得意なのは文章を「読む」こと、そして文章を読んで事前に覚えたことの一部を、そのまま再現して答案用紙に「書く」タイプの試験です。特に得意だったのは社会です。

  けれど、数学や理科は、文章を「読む」という方法が通用しないし、覚えたことそのまま「書く」だけでは、正解になりません。

 数学や理科についていえば、その場できちんと考えて、自分が考えたことをどう表現するかという「アウトプットする力」の方に、より重点が置かれていると思います。

 前回触れた通り、私はインプット作業は得意なのですが、アウトプットが重要視される作業はそこまで得意ではありません。

 そのため、数学や理科が苦手だったのです。

山口真由流「苦手科目」の克服法 

 そこで私は、理系のなかではもっとも「文系っぽい」授業を選びました。

 そのときに取ったのが、行動心理学。科学的に行動を研究するという授業なので、理系に分類されていたのですが、授業紹介を読むと、多数の数字が列挙される統計学などとは勝手が違いそうでした。

 実際に授業に出てみると、色々な事例が記載された教科書を使って、それぞれの事例について教授が説明する方式でした。教科書を「読む」ことが得意な私は、結果、この科目でも「優」を取ることができて、安堵したものでした。

話すことが苦手な人の電話対応術

ビジネスの現場でも、同じ理屈が通ります。

 たとえば、「話す」ことが苦手な人は、得てして電話応対が苦手です。

 相手の都合でかけられてきたときの電話応対、これは特に手こずります。こっちはなんの準備もしていないのに、何を聞かれるかわからないスリリングなものです。

 得意な人には何でもないことかもしれませんが、苦手な人にとっては苦痛以外のなにものでもありません。

 こういう電話対応の問題には、どのように対処すればいいでしょうか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

普通の人に天才的成果をもたらす科学的根性論の神髄

この連載について

初回を読む
天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。

山口 真由

東大を首席で卒業→財務省官僚→弁護士→ハーバード留学という経歴を持つ山口真由さん。山口さんいわく、「私は天才ではない。普通の人」であり、「天才的な成果をあげることができるのは、努力を続けられる人だけ」という。努力を続けることこそ、最も...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

bodyhacker 東大生に苦手があるのか。知らんかった() / 東大生は苦手科目をどう克服するのか|山口 真由| 1年以上前 replyretweetfavorite