女なのに、なぜ男を好きになれないの?

1年ほど前に牧村さんのもとに届いた「男の人は好きになれないのでしょうか。好きになる男が現れなかっただけではないのでしょうか」という質問のご投稿。牧村さんは答えたいと思いながら、ずっとずっと書けなかったそうです。書けなかった理由、そして牧村さんがずっと抱いてきた違和感について綴ります。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

うーっ!

あーっ!

うーっ!

……って声しか頭に浮かばないまま、この記事が書けず、書こうとしてもついおふとんでスマホを見てしまい、もう1年が経ってしまいました。こちらのご投稿に対し、お答えしたい、お答えしたいと思いながらも、ずっとずっとずっとずっとずっと、書けなかったんです。

以下、ご投稿、全文そのまま掲載します。

生きるのにしんどいことも多かったのかなと思いながら読みました。そして、もしかしたら私はあなたを無意識に傷つけるようなことを言うかもしれない。それでも聞きたい。「女と結婚した女」に質問。

男の人は好きになれないのでしょうか。好きになる男が現れなかっただけではないのでしょうか。この人と結婚したいと思った人が「女」で相手も同じ気持ちだったということなのでしょうか。

好きになるのに理由はないって言うこともありますが、男の人は無理と思う理由・原因があれば教えてほしいところです。

言っておきますが、差別する気も嫌悪もありません。「そういうことなのですね」という気持ちと「なんでだろう」ってきもちです。

「しんどいことも多かったのかな」「あなたを無意識に傷つけるようなことを言うかも」「差別する気も嫌悪もありません」。恐る恐る、そろーっと、腫れ物に触るようにご質問くださったのが伝わってきます。

そのせいでしょうか。私はいま、なんだか、「怒ってはいけないという義務感」に駆られています。「生きるのにしんどいことも多かったと思われる、差別や嫌悪の対象とされがちな立場から、社会の皆様に理解していただくには、怒らず丁寧にお話申し上げなければならない」と。

なので、怒らずに申し上げます。いえ、正確に言えば、怒りを抑えて申し上げます。

あのね、たとえば心に決めた異性がいる人に対して、「好きになる同性が現れなかっただけではないでしょうか」なんておっしゃいます?

心に決めた人がいる人に、「他に好きになる人が現れなかっただけではないのでしょうか」なんて。そんなの、相手が異性だろうが同性だろうが、とっても、とっても失礼なことだと私は思いましたよ。

ご投稿くださった方、こんな風に申し上げてごめんなさいね。もしかしたらこの辺で「あっ無理」ってなって記事を閉じてしまわれるかもしれない。

でも私、正義の弱者様パンチをかまして勝ち誇るみたいな人間であろうとは思わないのよ。ただ、一個の人間でありたいと思うの。

なのでここから下は精一杯、ご投稿者の方の立場を想像して考え、ご投稿者の方のご質問にお答えしようと思います。よかったらお付き合いください。

まず、はじめになんですけど……

「みんな異性を欲望するはずだ」と思ってしまうの、あれ、逆に、なんでなんですかね? これ、「なんで異性愛者は同性愛者を理解できないんだ!」みたいな主語のでかい話ではなくて。私自身も、女を愛する女である私自身も、例えば、次のようなことから未だ自由ではないんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

__maa31__ なんだろう、この一旦落ち着け私…って言いたくなるような質問者の文章は 約1年前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

godrever 愛に溢れてる上に、理性的であり、素敵な内容であった。 約1年前 replyretweetfavorite

yuru_biyou 牧村朝子さんの精神の強さと美しさを感じる文章に、「多数派の無意識の暴力」を考えさせられました。自分を省みる機会になった。 https://t.co/6iqA66LH10 約1年前 replyretweetfavorite