やらない理由

おごってもらうのは嬉しいが、偉そうにされるのは嫌【No.41】

過去記事の「おごられるのはいいが、おごるのは嫌」では、改めておごってもらうことの素晴らしさを説いていただき、おごるのは神になってからという結論が出されたことで心が軽くなりました。ただ私たちはその先でもまた、今回のテーマのようなジレンマを抱えてしまうのです。「偉そうにされるのは嫌」。思いつめる前に、正しい乗り越え方をカレー沢薫氏に導いていただきましょう。『やらない理由』書籍もぜひ。

今回のテーマは「おごってもらうのは嬉しいが、偉そうにされるのは嫌」だ。

どんな手段で手に入れようが、どんな思いが詰まっていようが、金は金であり、金としての価値は同じである。汗水流して働いていて得た金だろうが、老母に猛ビンタをかまして獲た金だろうが、回せるガチャの回数は同じであり、前者ならレアキャラが出て後者なら麻婆豆腐しかでないなんてことはない、金は無慈悲でもあるが平等でもある。

ならば、その金で買ったものの価値だって同じなはずである。自分の金で食う焼肉も、快く奢られながら食う焼肉も、すたみな◯郎なのに叙々苑級に偉そうな奴の「昔はワルだった自慢」を聞きながら食う肉も全部同じ味なはずである。

ところが違う。
むしろ飯の味ほど、同じもの、同じ金額でも、状況、心理状態によって変わるものはない。「貴様は、彼女が妊娠したことを相手の親に伝える席で食った松坂牛の味を覚えているのか?」という話であり、そんなもの味も何もないだろう、むしろ松坂牛は、彼女の妊娠を相手の親に伝える席以外で出すべきだ。そういう席では馬糞を出しても全員気づかない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

これまでの絶望よ、さようなら。

やらない理由

カレー沢薫
マガジンハウス
2017-11-30

この連載について

初回を読む
やらない理由

カレー沢薫

「エッチはしたいが、付き合うのは嫌」。多かれ少なかれ誰もが抱える他人には打ち明けづらい虫のいい話。OL兼漫画家・コラムニストのカレー沢薫さんが挫折と諦めを肯定、それが正しいことだと示す当コラムで、スカッと爽快なメンタルヘルスを目指しま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sumireinesan 敬愛するカレー沢薫さまのコラム🍀 おそらく現在の日本でいちばんキレのあるエッセイを書かれる方です🐈 最近すさまじく知名度が高くなってきている方なので、ご存知の方も多いと思うのですが、未チェックの方はぜひ読んでいただきたいです💐 https://t.co/BGopyK4X52 3ヶ月前 replyretweetfavorite

yurikuutika このもぐもぐイラストが平和でめちゃ可愛い。 きっと食べてる人の意識はパナマ運河まで飛んでる。 > 3ヶ月前 replyretweetfavorite

zawa_0303 その場限りならまだ「へーそうなんすかーえーやば(肉うめぇ)」出来るけど… https://t.co/2ylOls9Xv7 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kodelir 冒頭の「金は無慈悲でもあるが平等でもある」というフレーズが好きです。薫ニ… https://t.co/p9cpUtDhpC 3ヶ月前 replyretweetfavorite