赤ちゃんが泣きやまなくて困ったことなんて一度もない

「赤ちゃんは泣くのが仕事」という言葉があるように、赤ちゃんはよく泣くものです。実際、「なにをしても赤ちゃんが泣きやまない」と嘆くママやパパは少なくありません。しかし下田美咲さんは、「息子が泣きやまなくて困ったことなんて一度もない」と言います。一体どういうことでしょうか?

子育てを始める前の私は、赤ちゃんというのは、とにかく泣きまくる生き物なのだと思っていた。

「赤ちゃんは泣くのが仕事」というのは一般的によく聞くセリフだし、「何をやっても泣きやまなくて、いくら可愛い我が子でも気がおかしくなりそうになる」と愚痴を言う母親は、よく見かける。ニュース番組を観ていると「子どもが泣きやまなくて」というのが犯行動機の悲しい事件は珍しいものではない。

だから私は、赤ちゃんというのは理由もなく泣き続けるもので、気まぐれでグズったり、原因もなく不機嫌になったりする、ワガママモンスターなのだと思っていた。

だけど、子育てを始めて半年経った今、全く違う考えになっている。赤ちゃんは理由もなく泣いたりしないし、原因もなく不機嫌になることなどない。

私は15秒以内に泣きやませている

というのも、私はこの半年間、息子が泣きやまなくて困ったことが一度もない。

そばにいる時なら5秒以内に、少し離れたところにいる時でも15秒以内には、息子を泣きやませている。

成長に伴って新しい一面がどんどん出てくるから、月に一回くらいは、何泣きなのかの見極めに少し手こずってしまうこともあるけれど、そんな時でも3分以内には、息子を笑顔にすることに成功している。

この半年間、ほぼワンオペ状態で(旦那さんは体力がなさすぎて育児の戦力にならない)24時間育児に取り組んできた。その結果として、赤ちゃんが泣く時は必ず理由がある、と思うようになった。

理由というのは要求。もしも赤ちゃんの泣き声を翻訳することができたとしたら、ちゃんと内容のあることを話しているし、何か具体的なことを訴えていると思う。言葉を話すことができないから泣くという手段をとっているだけで、決して無意味にギャーギャーと泣き叫んでいるわけではない。少なくとも、息子と接しているとそう思う。

そして、だからこそ、何をしても泣きやまないなんてことはない。訴えていることを汲み取って、要求に応えればすぐに泣きやむ。

では、何を訴えているのかといえば、まず基本的なこととして、赤ちゃんが泣くときのその理由は、8割がたが下記の5つのどれかだと思う。

①「お腹が空いた」
②「オムツが汚い」
③「お腹が張って気持ち悪い(ウンチやオナラがうまく出ていない)」
④「眠い」もしくは「眠くない」もしくは「眠いけどうまく眠れない」
⑤「暇」

世論を聞いていると、①~③は、ほとんどの人がすぐに対処できている印象で、④と⑤の時に「何をやっても泣きやまない」とか「赤ちゃんは理由もなく泣く」と感じている人が多いように思う。

でも、実際は、どちらもちゃんと理由がある。具体的なストレスがあって泣いている。

だから、こちらがそのストレスを解決する対応をすれば赤ちゃんはすぐに泣きやむし、先回りできるようになれば、もはや泣くこと自体がなくなる。

赤ちゃんはいつでも無限に眠れるわけではない

まず④の睡眠にまつわるストレスを防ぐために必要なことは、誰だってある程度の体力を使って疲れないと眠れない、という当たり前の認識を持つことだと思う。

赤ちゃん=「いつでも無限に眠れる生き物」「寝かしつけられたら眠るのが当然」という風に扱う親は多いけれど、それは赤ちゃんを人間扱いしてなさすぎる。

それなりに動き回って、そこそこに疲れないと眠りにつけないのは人間の基本で、それは赤ちゃんも例外ではない、と私は思う。

息子は夜泣きをしないし、寝かしつけに苦労したこともないけれど、私はいつも、眠れるだけの体力を使わせることを意識している。

こちらの都合で一方的に「今すぐ寝てね!」みたいな強引な寝かせ方はしないし、眠くなさそうなタイミングで無理やり布団に詰め込むようなこともしない。だって、そんなことされたら私ならストレスだし、そんなのは寝付けなくて当然すぎる。

だから「何時くらいに寝て欲しいなぁ」という希望がある時は、そうなるように、そこに向かっていっぱい遊んで、息子が眠くなるような過ごし方をしている。

遊び方にしても、例えば「高い高い」や抱っこなどは、こちらの体力を使うだけで、息子自身の体力を使っているわけではないから、こちらが疲れるだけで本人は一生疲れない。そうなると体力が有り余って、眠れなくて泣いてしまう。

だから私は、息子の筋肉が活躍するような遊び方をするようにしている。その一つがジャンパルーという遊具なのだけど、それに乗せると、まだ立ても座れもしないような赤ちゃんでも自力でジャンプをすることができるから、かなり良い運動になって睡眠トラブルの対策になる。

寝たいと思っていない赤ちゃん対して、親の一方的な都合で「寝なさい」と寝かしつけるようなやり方は強引すぎるし乱暴だと思う。大人の私でさえ、そんなことされたら泣きたい。

だから私は、息子に寝てほしい時は、眠れるようにいっぱい遊ぶ。その結果、夜泣きや寝かしつけの苦労とは無縁に過ごせている。(息子が寝た後につい夜更かしをして、そうこうしていたら息子が元気に起きてきて、私は寝るタイミングを逃して睡眠不足になったことはある)。

赤ちゃんが泣く理由として見落とされがちなこと
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
下田美咲の口説き方

下田美咲

下田美咲さんという女性をご存じでしょうか。13歳からモデルをしながらも事務所には所属せず、自宅の車を宣伝カーに改造してゲリラパフォーマンスを行ったり、「飲み会コール動画」などのオリジナル動画を180本以上手がけてYouTubeにアップ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

cafe_tomioka 赤ちゃんが泣くのはちゃんと理由があるのだよ。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

logmog7 相変わらず煽ってるタイトルだけど、内容は今のうちに頭に入れておいて良かったなって思う。 3ヶ月前 replyretweetfavorite

supsup39 おー!また刺激的なタイトル✨ 相手を「 3ヶ月前 replyretweetfavorite

kumamiso_beix 挑発的とも読める書き出しだけど、読み進むうち「ホントそれな!」となる… https://t.co/Xsoyb71AZv 3ヶ月前 replyretweetfavorite