​二分の一成人式とママへの感謝が育むもの

不道徳なお母さんライターが、日本の「道徳」のタブーに踏み込み、軽やかに、完膚なきまでに解体! 歴史をさかのぼり、日本人の「道徳観」がどのようにつくられていったか、その過程をさぐります。さて、すっかり日本の一大行事となった「二分の一成人式」。これもどうやら大変な「感動コンテンツ」になっているようです。

「二分の一成人式」がやってきた

ついに我が家の長女も噂の「二分の一成人式」に参加することになった。ここ十数年で急速に普及した小学校行事なのでご存じない方もいるかもしれないが、二分の一成人式とは小学校4年生の子供たちが親への感謝を読み上げたり、将来の夢を語ったりする親子参加型の学校行事である。ベネッセのアンケートによれば、保護者の9割近くが「満足」と回答するぐらい親ウケがいいそうだ。

一方で、被虐待児や死別・離別家庭で育った子供、両親のいない子供への配慮の欠如といった問題も、識者によって指摘されている(『教育という病』内田良)。「練習がめんどくさい」以外にも、何かと問題を抱えた行事なのだ。

わが子の小学校では一人一人が親への感謝作文を読み上げる代わりに、教師が用意した「親への感謝」シナリオを群読で暗誦するスタイルになっていた。さまざまな家庭環境の子供への配慮だろうか。しかし大人が考えた感謝セリフを我が子が棒読みしているのを聞かされても、さすがに10年以上子育てしているスレッカラシの親たちは感動して涙したりはしない。子供たちも教師に怒られない程度に、控えめな半笑いを浮かべている。群読が終わると、お返しに親たちがあらかじめ指示された当たり障りのないJ-POPを合唱する。中年が歌うJ-POP、ありがたいか? 大福でもあげたほうがいいんじゃないか? 多くの親が口パクでごまかし伴奏ばかりが目立つ中、これ以上寒々しさに拍車をかけてはいけないとまじめに歌ってしまう自分が悲しい。「これはいったい誰のためのイベントなのか?」という疑問は、ふくれあがる一方だ。

「二分の一成人式」はいつから広まった?

私の子供のころには影も形もなかった謎イベント「二分の一成人式」、いったいどのように全国に広がっていったのか。教育記事データベースで調べてみると、まず『楽しい体育の授業』2003年8月号に「10年前から提唱してきた『〝2分の1〟成人式』の取り組みが、いま、ものすごい勢いで全国各地に広がっている」という記事がある。執筆者のクレジットは岐阜大学の近藤真庸教授。この先生が拡散元なのだろうか。

記事本文を読むと、「自分の思い出の品物についてスピーチ」「10年分の自分史づくり」「10才の地域デビュー」「10年後の自分への手紙」と、子供個人が自身のアイデンティティを確認する作業に終始している。親の参加は想定されておらず、親への感謝の強要や家庭のプライバシー侵害といった、昨今指摘されるような問題性は希薄だ。これは当時の小学校学習指導要領にあった「総合〈いのち・健康・福祉〉」の授業案として書かれたものらしい。

「総合」の授業例に過ぎなかった二分の一成人式に「親への感謝」要素が加わり、親子参加型の行事になったいきさつを知りたい。さらに探していくと、教育雑誌『教室ツーウェイ』2010年10月号の「子どもの成長過程で節目イベント─子ほめ条例、1/2成人式、立志の式」特集に行き当たる。

「二分の一成人式を全国に広めるための動きをつくろう。」(谷和樹)で紹介されている二分の一成人式は、「親への感謝の手紙を読み上げる」「お母さんの涙」「感動の盛り上げ」といった、昨今問題視される要素がすべてそろっている。これを全国に広めたがっているのは誰なのか。

「『二分の一成人式』 それは子供たちの成長の節目としての十歳を祝うイベントである。TOSSはこれを推進してきた」。

「親への感謝」イベント化の黒幕はTOSS

TOSSとは、親学推進協会と関係の深い保守系教員団体で、「江戸しぐさ」「水からの伝言」「EM菌」を教育現場に広めたとして、エセ科学批判界隈にもおなじみの存在である。「発達障害は日本の伝統的子育てで治る」という医学的根拠のないトンデモ脳科学で批判された親学となじみ深いだけあって、先ほどの二分の一成人式の記事にも、「発達障がいの子どもが変化する」という項目がある。黒幕が親学系のTOSSなら、理想的な家族像以外の家庭に配慮できないのも道理である。

さきほどの同特集の別記事「TOSS二分の一成人式10000人プロジェクト! サマーセミナーで1000人が感動し、涙した二分の一成人式のオフィシャルHPも完成」では、「親への感謝」手紙の指導方法が語られているのだが、これもなかなかえげつない。たとえば「文末を『よ』『ね』にする」と、子供の作文の文末を無理やり変えてしまうのだ。

 例えば、次のように変化させます。
■お母さん、ぼくが病気の時に看病してくれました。うれしかったです。

■お母さん、ぼくが病気の時に看病してくれましたね。うれしかったよ。
 これだけで全く違った手紙になるのです。
 そして、手紙の最後に次の一文を加えましょう。
お母さん、大好きだよ。
(『教室ツーウェイ』2010年10月号)

そこを勝手に書き加えたらダメだろう。

サイトで「親への感謝」シナリオを共有

どうやらTOSSの教員たちが「親への感謝」をキーに「二分の一成人式」のアイデアを拡充して全国に広めているらしい。TOSS教員が指導案を共有するサイト「TOSSランド」で「2分の1成人式」を検索してみると、台本がいくつも出てくる。「病気になった時は いつもそばにいて 看病をしてくれましたね」「不安なときも やさしく見守ってくれたおかげで 安心できたよ」「毎日 おいしいご飯を作ってくれて ありがとう」「お家で食べるご飯は 世界一おいしいよ」「そうじや せんたく 身の回りのことをするのはたいへんだったでしょう」「家族のために 毎日 遅くまで働いてくれて ありがとう」「なのに たくさん 困らせてしまって ごめんね」「僕(私)たちを 産んでくれて ありがとう」などと親への感謝を一人ずつ暗誦させる群読シナリオがメインだが、中には劇仕立てになっているものもある。

(子ども)僕たち10年間の間にいろんなことがあったね。
(子ども)20歳になったらみんなどんなふうになっているんだろうね。
(子ども)いつまでも友達でいようね。
(子ども)20歳の成人式でも、こうやってみんなで会おうね。
(全員) さんせ~い!!お~!!
〈一人ずつ順に夢をスピーチしていく。バックミュージックは「夢をあきらめないで」(岡村孝子)〉
〈「夢をあきらめないで」の2番から、みんなで歌う。〉
手をつなぎ、フィナーレ。

「『ぼくらの1/2成人式』・劇脚本」より抜粋

本稿を横から覗き見た長女が「地獄かよ…」とつぶやいた。母の私も同感である。子供時代にこんな寸劇をやらされなくてよかった。親を飛び越して時代に感謝してしまいそうだ。親への感謝を無理やり言わせるだけでは親を泣かせるに足らないのか、「泣いてしまいそうな感動的な歌を歌う」「発表中は、オルゴールのやさしい曲を流し、雰囲気つくりをした」「『10年前に流行した音楽』をBGMとして静かに流す(…)10年前を音楽で自然に思い出すことができる」と、音楽で泣かせようとする演出も目立つ。出生時の流行歌といっても「きよしのズンドコ節」などではなく、感動J-POPオンリーだ。まるで結婚式みたい。

結婚式のようなTOSS版「二分の一成人式」

TOSSの「二分の一成人式」公式サイトも見てみよう。「感動的な式にするための準備物」の欄には、「ウェルカムボード」「パソコンやプロジェクター」「親への手紙」「赤ちゃんの頃の写真」などが挙げられており、まさに結婚式そのものである。この手の結婚式カルチャーが嫌すぎて自分の結婚式すら挙げずに済ませたのに、まさか小学校で巻き込まれるとは。

「親を泣かせる歌と指導法」というストレートなタイトルのコーナーもある。「この選曲1つで、親を泣かせられるかが左右される。とても大事なことだ」。「親を泣かせるベスト3」で挙げられているのは、「未来へ」(Kiroro)「世界が1つになるまで」(Ya-Ya-yah)「ビリーブ」(合唱曲)と、J-POP尽くし。

「学級のドラマを演出する技」では、スライドショー上映の際に「影の主役、BGMは『必須!!』である」という。ここでもKiroro「未来へ」が大プッシュされている。「全国各地の2分の1成人式でも使われている人気の曲である。歌詞がいいので、スライドショー鑑賞時にかけると保護者の涙を誘う。歌ってもよし。リコーダーで演奏してもよしのイチオシ曲である」。TOSSがこんなにKiroro好きだとは知らなかった。Kiroro好きはかまわないが、なぜそんなに親を泣かせたいのだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
不道徳お母さん講座

堀越英美

核家族化で家庭教育はダメになった? 読み聞かせで心を育てるって……本当に? 日本で盲信されてしまっている教育における「道徳」神話の数々。そのすべてを、あの現代女児カルチャー論の名著『女の子は本当にピンクが好きなのか』でセンセーションを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

aikojp 感謝は押し付けるもんじゃないだろう。親子間で気持ちを伝えれば十分じゃなかろうか。 二分の一成人式とママへの感謝が育むもの|堀越英美 @fmfm_nknk | 4ヶ月前 replyretweetfavorite

YuhkaUno "「親への感謝」イベント化の黒幕はTOSS""TOSSとは、親学推進協会と関係の深い保守系教員団体で、「江戸しぐさ」「水からの伝言」「EM菌」を教育現場に広めた" わぁキモイ☆彡 4ヶ月前 replyretweetfavorite

kochianpo1 二分の一成人式とママへの感謝が育むもの|堀越英美 @fmfm_nknk | 5ヶ月前 replyretweetfavorite

umattch 二分の一成人式とママへの感謝が育むもの|堀越英美 @fmfm_nknk | 5ヶ月前 replyretweetfavorite