取材拒否の店が取材を受ける理由

立場が違えば考え方も違ってしまうもの。今回の「ワイングラスのむこう側」は、客と店という立場の違いから生じてしまうずれを林伸次さんが考えます。

大阪の人の「お金を落としたい」感覚

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

バーテンダーという仕事を23年間やってきて、とにかくいろんな方を接客してきました。その中で感じたお客様の傾向というのが会って、例えば関西弁の方って、「今日は一杯だけで、あんまりお金を落とせなくてすいません」とかってことを言ってくれるんです。

もちろん、お店の人間としては、できるだけたくさん飲んでいただいて、たくさんお金を使ってくれるとすごく嬉しいのですが、僕はそんな、みんながみんなにお金をたくさん使ってもらおうとは思ってないんですね。すごくたくさんお金を使う方もいれば、そうでもない方もいて、全体でならせば、ギリギリ儲けは出るようにこちらも計算して経営しているんです。だいたいお酒って体質や体調にもよりますしね。それよりも僕としては「あ、意外と安かったなあ。雰囲気もいいし、じゃあまた今度デートで使おう」って2回目に来てもらうのを期待しているんです。

でも、関西の方は「お金を落とせなくてすいません」って仰るんです。これ、大阪は商人の街だったから、なんてことを言われますね。かつての大阪の街は、住む人たちみんなが商売をやっていたから、このお店でお金を落としておくと、そのお店の人も自分のお店に来てお金を落としてくれる。その人が自分のお店に来てくれなくても、また別のお店で落とすから、周りまわって、結局は全員のところにお金が落ちる。っていうのが肌感覚にあって、意識的にお金を使おうとしてしまうわけです。

こういうことって、やっぱり大阪では小さい頃に親から教わるのでしょうか。それともなんとなく「常識」として身につけるのでしょうか。こうしたお客様とお店の感覚のずれって、実はたくさんあります。

飛び込み営業で仕事なんてなかなか取れない
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wazawazapan うちはほぼこの通りです。やっぱり人間関係あってのですね。 1年以上前 replyretweetfavorite

ithrk_terra あなたはアマゾンや楽天で買ったり、近所のコンビニで買ったりしていると思うのですが、その分を全部、ひとつの個人店で毎日のように買うと、そのお店、かなり融通がきくようになると思いますよ。 https://t.co/g5O8NMem2z 1年以上前 replyretweetfavorite

ithrk_terra お店って家賃がかかってるんです。銀座の一等地だと小さいお店でも何百万もする場合もあります。で、経営者は「一坪で一ヶ月にこのくらい利益があれば経営できる。じゃあこのくらいの単価の品物を置いて」と計算するんです。 https://t.co/g5O8NMem2z 1年以上前 replyretweetfavorite

feilong 1件のコメント https://t.co/yvLrNFlpvW 1年以上前 replyretweetfavorite