Q.何の本でしょう?→ 日本の古典にもあったシンデレラストーリー

読みたい1冊はすぐ見つかるけど、その次の1冊が見つからないって「本好きあるある」の1つですよね。というわけで本日は、『なんて素敵にジャパネスク』、『恋する伊勢物語』、『こころ』、『わたしを離さないで』の4つの「次の本」をご紹介します。【Kindle版発売中】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦!

『なんて素敵にジャパネスク』氷室冴子
の次に読みたい3つの本

『わすれなぐさ』吉屋信子
(河出書房新社)

氷室冴子がファンだったと明言している吉屋信子。「少女小説」の元祖。女学校を舞台にした、大正の女学生たちの日常と事件。刊行されたのは昭和7年だが、宝塚や映画スターにきゃあきゃあ言う女の子たちの姿は今と変わらずかわいらしい。河出文庫の嶽本野ばらによる注釈も最高なので、むかしの言葉づかいに気負わず手に取ってみてくださいな。

『大鏡』 武田友宏(編集)
(角川学芸出版)

読むと「はっ、ジャパネスクあの巻のあの話の元ネタはこれか……」とにやにやできてとても楽しい、平安時代の一大歴史物語。兄弟闘争、政略結婚、渦巻く陰謀、その間に挟まれるのほほん日常エピソードなど「平安時代あるある」がてんこ盛り。今もむかしも、権力者のスキャンダルはみんな大好きなのだった。

『ざ・ちぇんじ!〈前編〉〈後編〉 (Saeko’s early collection)』氷室冴子
(集英社)

私が地獄に落ちてでも叫びたい、叫ばせてくれ、『ざ・ちぇんじ!』は、読んで、お願い!!!!!! 最近では『君の名は。』の元ネタにもなった日本の古典『とりかへばや物語』をこちらは氷室冴子が描いた、平安時代男女逆転ラブ・コメディ。


『恋する伊勢物語』俵万智
の次に読みたい3つの本
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

Kindle版発売開始! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_acid_chai あとでよむ ジャパネスクは大好きでしたなぁ〜 #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite