Q.何の本でしょう?→ 恩田陸がオマージュしたという元ネタ小説

読みたい1冊はすぐ見つかるけど、その次の1冊が見つからないって「本好きあるある」の1つですよね。というわけで本日は、『春にして君を離れ』、『ティファニーで朝食を』、『光の帝国―常野物語』の3つの「次の本」をご紹介します。【Kindle版発売中】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦!

『春にして君を離れ』アガサ・クリスティー
の次に読みたい3つの本

『かわいそうだね?』綿矢りさ
(文藝春秋)

リアルだからこそ「どこか自分を見ているような気にさせる」小説のうち、『春にして君を離れ』が主婦バージョンだったとすると、『かわいそうだね?』は若い女の子バージョンなのだ。表題作のほかに、収録されている『亜美ちゃんは美人』も最高。痛々しいのがクセになる、不思議な読後感の小説。

『アガサ・クリスティー自伝(上)(下)』 アガサ・クリスティー
(早川書房)

『春にして君を離れ』がブラック・クリスティーだったとすると、こちらの自伝は明るいホワイト・クリスティ―。できるだけ幸せな記憶を綴り、波瀾も楽しみ、前向きに生きようとしているのが伝わってくる。あの名作の裏話もたくさん載っていておもしろい。ちなみに考古学者と再婚したクリスティーは「考古学者を夫にするといいことは、妻が年をとるほど相手は興味を持ってくれることだ」と言ったらしい。名言か。

『死ねばいいのに』京極夏彦
(講談社)

『春にして君を離れ』と同じように、読み進めるうちにじわじわとボディーブローが効いてくる一冊。とある女性の死に対して、主人公が様々なインタビューを行ってゆくが……読み終わったあとは嫌悪感と恐怖感がないまぜになってぞわりと来る。自分にも刺さってくるのがすごい。


『ティファニーで朝食を』トルーマン・カポーティ
の次に読みたい3つの本
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

Kindle版発売開始! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Castella_34 私なら『春にして君を離れ』の次にはアン・モロウ・リンドバーグの『海からの贈物』を挙げるかな 11ヶ月前 replyretweetfavorite