10人中○人が欲しい!と言えばその企画は大ヒット。さて何人?

みなさんはアイデアをどのように生み出していますか。ひとり机に向かい「うんうん」とうなりながら考えていますか? それともパソコンでネットサーフィンなんかしながら考えていますか? 『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』連載第10回は、アイデアを厳選するフィルターの3つ目、「人に聞いてみる」を紹介。10人中何人が「欲しい」と答えるかで、企画の成否がわかります。さて、その数は一体何人なのでしょう?

前回アイデアを厳選する際の3つのフィルターの内、1.企画の具体的イメージが「スルッと」湧くアイデアを選ぶ 2.自分が欲しいと思うアイデアを選ぶを紹介しました。

簡単におさらいすると、1は言葉で考えただけの段階で、自分の中で具体的なイメージが湧くアイデアかどうかで判断する、2は新しい、面白そうだけで判断するのではなく、自分が一ユーザーとして欲しくてたまらないものであるかどうかで判断するということでした。

この1と2のフィルターでわかることは、「自分がどれだけそのアイデアを企画として実現させたいか」ということです。

ただ、アイデアの良し悪しを判断するのに、それだけでは不十分です。
そこで3段階目として重要なフィルターが必要になってきます。それは「人に聞いてみる」というものです。

3.他人に欲しいかどうか聞いて、反応速度を見る

企画の原案となるアイデアを自分一人だけで選ぶのはとても危険です。 もちろん企画を立ち上げるために、自分がその企画を欲しいかどうかは何よりも重要ですが、そのアイデアから生まれた企画は、欲しいユーザーが非常に少ないニッチなものになってしまう可能性があります。

自分一人の価値観だけだと、他に欲しい人がとても少ない企画をつくってしまうリスクがありますし、自分で考えたアイデアを過剰に可愛く思ってしまう危険性もあるため、他の人もそれが欲しいかどうか、率直な感想をヒアリングしてみることが必要です

聞いてみる相手は、最低限その商品のターゲットに当てはまる人であれば誰でもよく、身近な人であってもかまいません。 会社内の人でも、家族でも、話して差し支えなければ友人と飲みに行ったついでに聞いてみるのでもいいでしょう。

そこで、「こんな企画をやろうと思ってるんだけど、欲しい?」と、それを実現させる前提で聞いてみるのですが、この時に相手から得られる重要な情報はたった一つ、最初に話した時の相手の「反応速度」です。


反応速度とは要するに、「欲しい?」と聞いた時に、
A.話を合わせて、あるいは気を使って「うん、欲しい」と返事をしたのか
B.本当にそれがいいと思って「欲しい!」と言ったのか

ということです。

この見極めは重要です。もちろんAのような反応では、その人には何も刺さっていません。アイデアを伝えた時に、反応が 1秒速かったか、遅かったか。顔は笑っていたか、愛想笑いだったか。このような差が、もはやその企画の成否なのです。
反応が悪い場合、もしかしたらそのアイデアが悪かったのではなく、「伝わらなかった」だけなのかもしれません。だから、いろいろな人に、伝え方を変えたり、あるいはアイデアの内容を変えてみたりしてどんどん話し、どうすれば刺さるのかを試してみることも大事です。

10人中何人がいい反応をするかで企画の成否を判断

聞いた人すべてがいい反応をしなければダメというわけではありません。
僕は、10人中2人がいい反応をしたら「可能性あり」、10人中5人がいい反応をしたら「大成功しそう」という判断をします。
これは経験則と、「キャズム理論」を参考にそう考えています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

売れる企画を仕組みで生み出すメモの技術をもっと知りたい方はコチラ

この連載について

初回を読む
一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)

高橋晋平

ヒット企画を生み出すのに特別な才能なんていりません。必要なのはメモの技術です。本連載は、∞プチプチなど大ヒット商品を数々生み出してきた高橋晋平氏の最新刊『一生仕事で困らない 企画のメモ技(テク)』から、クリエーターでも何でもないごくご...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

_kmx ●10人中2人(20%)が最高の反応で「欲しい!」と言ってくれたら、企画として成功 する可能性がある土台に乗っている。 ●10人中5人(50%)が最高の反応を見せてくれたら、大ヒットの芽があると確信して 突っ走ることができる。 https://t.co/Gl4ZV4x4v5 3ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "● #drip_app 3ヶ月前 replyretweetfavorite