第1回】LCCがやって来た~ピーチ・アビエーション、ジェットスター・ジャパン、エアアジア・ジャパン

2012年は「LCC(格安航空会社)元年」といわれる。破格の安さの秘密は、低コスト。単一機材を使用した2地点間運航、高密度の座席と簡素なサービス、短い折り返し時間による運航効率化、インターネットを使ったマーケティング、従業員の複数業務兼務などなど、低価格実現のためさまざまな経営上の工夫がなされている。この連載では、LCCの低価格の秘密と今後の見通し、お得に乗れる使いこなし術などをお届けする。

【ピーチ・アビエーション】
初飛行という新市場を創出

今年3月、日本国内線で初となるLCCが飛んだ。大手航空会社の3分の1という驚異の低価格は、航空のビジネスモデルのみならず、利用者のライフスタイルにも変化をもたらした。

 「いやぁ、飛行機って揺れるものなんですね」

 6月某日、ピーチ・アビエーション機内で記者の隣の席に乗り合わせた芦田浩平さん(仮名)は、そう言って手のひらの汗をぬぐった。今年で40歳だが、この日、人生で初めて飛行機に乗ったという。芦田さんは大阪出身でそのまま地元に就職。遠方に親戚がいるでもなく、これまで特に飛行機に乗る必要性はなかった。

 しかし今年3月、関西国際空港にピーチが就航すると、「どんなものか乗ってみよう」と友人に誘われた。「4000円で福岡に行ける」というのが決め手だった。友人が手配してくれた航空券の価格は、行き3780円、帰り4780円。4000円で福岡に行けるというのは本当だった。

 国内初のLCC(格安航空会社)として日本の空を飛んだピーチ。その登場は、これまで日本の空にはなかった低価格運賃をもたらした。

 これまでは、飛行機で大阪から福岡に行こうとすると、全日本空輸(ANA)などの大手航空会社(レガシーキャリア)の運賃では2万1900円、早期割引予約でも1万3000円かかっていた。新幹線でも1万4890円かかる。これが、大手の割引運賃の実に3分の1で行けるようになったのである。

 この衝撃的な低価格は、新たな需要を創出している。

 ピーチの株主でもあるANAから転籍した井上慎一・ピーチ社長は3カ月間の運航を経験して、「初めて飛行機に乗ったというお客さまが多い」と打ち明ける。調査によると、搭乗者の2~4割が人生初フライトという人たちだ。

 客室乗務員も日々の業務の中でそれを実感している。

 大きな手荷物を、前の座席の下にぎゅうぎゅうに詰め込んでいる乗客に上の荷物入れを案内すると、「なんだそこにあったのか」と返事がくる。シートベルトの締め方を知らない人も結構いる。

 また、ピーチの利用客の半分は女性だ。レガシーキャリアでは、利用者の7割が男性である。これまで、日本の空のシェアを二分していたANAやJALとは、異なる客層が利用している様が浮かび上がってきた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

エアライン LCCを使い倒せ!

週刊ダイヤモンド

ピーチ・アビエーション、ジェットスター、エアアジア──。今年から、LCC(Low-Cost Carrier=「ロー・コスト・キャリア」、格安航空会社)と呼ばれる新たな飛行機が日本の空を飛び始めた。新規参入者たちは、何を変え、何を生み出...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード