松井えり菜(アーティスト)→関口泰宏(バービーコレクター) Vol.3「なぜ、バービーコレクターになったんですか?」

今回のインタビュアーは、カルティエ現代美術館に収蔵されている『えびちり大好き』をはじめとする個性的な自画像作品や、ウーパールーパーをモチーフにした作品などで知られるアーティスト、松井えり菜さん。世界を股にかけ、精力的な活動を続けている松井さんが、”いま話を聞きたい人”として指名したのは、世界的なバービー・コレクターとして知られる関口泰宏さん。数えきれない程のレアなバービーたちが陳列された圧巻の関口コレクションに囲まれながら、失われつつある”ニッポンのもの作り”について、松井さんが鋭く迫ります。

なぜ、バービーコレクターになったんですか?

Q.関口さんには地金屋さんという本業がありますが、バービーと何か関係はありますか?

関口:ほとんどないですね(笑)。ただ、三輪車や戦車のオモチャを作るようなブリキ職人たちがうちにはよく来ていて、その人たちを見てスゴイと思ったり、自分自身もブリキのオモチャを骨董市やアンティークショップに探しに行ったりしていました。その頃にあるお店でバービーを見つけたのが最初のきっかけです。もともと僕が「VAN」などのトラッドなファッションが好きだったんですけど、「ケン」がそういうファッションをしていたということもあって、そこからバービーに入っていったんです。

Q.そうだったんですね! たしかにヴィンテージのバービーたちが着ている洋服は、いま渋谷なんかで売っている洋服よりもオシャレかもしれない (笑)。

関口:特に当時は、いまよりも発色の良い顔料が使われていましたからね。やっぱりバービーはファッションがスゴいと思います。当時のパリならオートクチュール、アメリカなら雑誌の「Seventeen」からそのまま抜け出してきたような、その時代時代に流行ったファッションをしているんですよね。ファッションというのは巡り巡るもので、昔に流行っていたスタイルとベーシックな部分はいまも変わっていなかったりする。僕自身当時のヴィンテージ・ファッションが好きで、そういうものが巡り巡ってまた流行ったりするのは面白いですよね。そういう目線でバービーを見ても発見が色々あると思います。バービー展をよくデパートでやるんですけど、バービーの展示を見た人が、その後に下の階で洋服を買っていくということも多いんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード