松井えり菜(アーティスト)→関口泰宏(バービーコレクター) Vol.1「 バービーはどんな時代に生まれたのですか?」

今回のインタビュアーは、カルティエ現代美術館に収蔵されている『えびちり大好き』をはじめとする個性的な自画像作品や、ウーパールーパーをモチーフにした作品などで知られるアーティスト、松井えり菜さん。世界を股にかけ、精力的な活動を続けている松井さんが、”いま話を聞きたい人”として指名したのは、世界的なバービー・コレクターとして知られる関口泰宏さん。数えきれない程のレアなバービーたちが陳列された圧巻の関口コレクションに囲まれながら、失われつつある”ニッポンのもの作り”について、松井さんが鋭く迫ります。

バービーはどんな時代に生まれたのですか? 

Q.私はもともとアンティークドールが好きなんですが、以前に行われたパリ万博で日本が持ってきた市松人形から着想を得て作られたものだということを聞いた時にスゴく感動した覚えがあるんです。人形に服を脱ぎ着させるという発想が当時の向こうの人にはなかったらしく、とてもビックリされたんだそうです。そのアンティークドールの流れにバービーがあることを考えると、そもそものオリジンは日本にあるとも言えますよね。最近私は、日本のもの作りということについてよく考えていて、今日はバービーを通して、そういう話をお聞きできればと思い、お伺いしました!

関口:市松人形もアンティークドールもちょっと怖いイメージがあるじゃない。そういう意味では、子どもが本気で遊べる人形というのは、バービーが最初だったんじゃないかなと思います。リカちゃん人形ができたのもその10年後くらいだし、当時はアメリカがだいたい10年くらい先を行っていたんですよね。60年代半ば頃のバービーで人気があったのは、ウェディングドレスを着たお嫁さんか、スチュワーデスか看護婦で、そういうものが子どもたちの憧れだったんですね。その後、夜の社交界に出かけるためのドレスを着たバービーなんかも出てくるんだけど、昼と夜のメリハリをつけて人生を楽しむという女性像が確立されるのも、日本では女性が社会進出するようになった70年の万博以降ですよね。ファッションでもなんでも、当時の日本は10年くらい遅れていたんですね。

Q.バービーはそうした時代の流れと共にあるんですね。バービーが生まれてから最初の10年くらいは、日本が製造を請け負っていたんですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
いま、僕たちが話を聞きたい人

カンバセーションズ

インタビュアーという存在にスポットを当てるこれまでにないインタビューサイト「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」。毎回異なるクリエイターや文化人がインタビュアーとなり、彼らが「いま、本当に話を聞きたい人」にインタビューを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード