村上春樹が元オウム真理教信者へインタビューをして見た、日本の闇

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。43作目は、村上春樹の『約束された場所で』。読んで、ちょっとびっくりするくらいダメージを受けたことは鮮明に覚えている。日本の、いや「私たち」の闇について知りたいあなたへ。【Kindle版発売中】『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

日本の、いや「私たち」の闇について知りたいあなたへ

『約束された場所で』村上春樹
(文藝春秋)初出1998

他人のいる「こちら側」 VS 他人のいない「あちら側」

村上春樹によるオウム真理教信者へのインタビュー集。「彼ら」と「自分」の「違いのなさ」に衝撃を受ける一冊。#ノンフィクション #村上春樹によるインタビュー集 #「アンダーグラウンド(講談社文庫)」の続編 #いろいろと重たい内容ではありますが現代日本に生きる自分たちとして読んでみたら衝撃を受ける一冊であると思います


紹介するのは、『約束された場所で』という本だ。世界的作家・村上春樹による、元(あるいは現役の)オウム真理教信者へのインタビュー集である。

 楽しいことを知るばかりが世界じゃない。
 世界にはいろんな人がいて、いろんな出来事があって、当たり前だけど明るいところもあれば暗いところもある。むずかしいこともあればやさしいこともある。理想どおりにいくときもあれば、矛盾だらけで結局何にもならないときもある。
 当たり前のことだ。
だけど人はよくこのことを忘れる。

 私もご多分にもれず。
 何かを考えたり妄想したりすることが好きなぶん、頭の中で理想郷をつくりたがるし、幻想も持ちやすい。自分でも知らないうちに頭の中が暴走しはじめる。本を読むのが好きで物語の世界が好きで、現実や現実の自分なんていらないよー、と思うこともしばしばある。
 けれど、実際に、理想郷がそこにあったとして、そこに行けば自分の理想が叶えられるとして、そこに私は行こうと思えるのだろうか?
 たぶん、今のところ、思えない。
 だって私には、とりあえずこの現実で手に入れたものとか出会った人とかそういうものがあって、なんだかんだそういうものが大事だから。
 矛盾だらけで面倒で悪いこともいっぱいあって何もかも重たいけど、まぁ、こっちでがんばってくしかないよな、と思う。
 重たいけど。

—だけど、この世界には、理想郷がそこにあったら、ぽんと「そちら側」に移ってしまう人がいる。
 そちら側に行けるのならば、この世の絆を捨ててもいいや、と思える。
「そちら側に行けるのならば」。言葉で誘われ、そちらにしか理想を見い出せなかったような場合、人は簡単にそちら側に行ってしまう。
「そちら側」は、ある場合、現代では「宗教組織」という形で現れる。

「彼ら」と「自分」の「違いのなさ」に衝撃を受ける一冊。

 地下鉄サリン事件を経て、どうしてその団体に入ったのか、どのような生い立ちで育ってきたのか、なぜ出家をしようと思ったのか……村上春樹というインタビュアーが、彼らの人生に対して問いを投げる。
 細かい彼らの肉声が聴こえてくるような、不思議なインタビュー集だ。
 巻末には村上春樹と河合隼雄による対談が載っている。この対談が、

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

Kindle版発売開始! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
わたしの咀嚼した本、味見して。

三宅香帆

人気連載【京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50】がリニューアルして再スタート! 書籍『人生を狂わす名著50』の著者であり、現役の京大院生で文学を研究し続ける24歳の三宅香帆が、食べて、咀嚼して、吐いた本の中身を紹介するブックガイドです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb 『大資本や社会システムという非人間的で功利的なミルの中で、そのような自分たちの資質や努力が… https://t.co/y9YqM7lQms 10ヶ月前 replyretweetfavorite

faun_soul 『約束された場所で』を三宅香帆さんが紹介しておられます。https://t.co/Z4kgRq4wBg 私も出版当時に読んだ。 人間を知るのに欠かせない一冊。 理想を壁で囲み、門を設けるまでは誰しも同じ。 本人や他者が門を行き来で… https://t.co/4yiSr8RxW4 10ヶ月前 replyretweetfavorite

consaba 三宅香帆「実際に、理想郷がそこにあったとして、そこに行けば自分の理想が叶えられるとして、そこに私は行こうと思えるのだろうか?」「彼ら」と「自分」の「違いのなさ」に衝撃を受ける京大院生が選んだ「人生を狂わす」名著50 https://t.co/4jBVBqJ475 10ヶ月前 replyretweetfavorite