銃のコレクションがある部屋」を見たことがありますか?

「銃のコレクションがある部屋」(アメリカ)と「仏の道で修行する部屋」(ネパール)。ある若きフランス人写真家が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを撮影。世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸。
都築響一も絶賛! 3月16日発売 『My Room 天井から覗く世界のリアル』より特別連載。

USA/アメリカ

アメリカ:国民の数より武器の数の方が多い国
人口:3億2330万人 平均月収:33万円 公用語:定めなし(事実上、英語)

銃のコレクションがある部屋

「人を殺すのは銃ではなく、 銃を持った人なのです。」
Ben / 22歳 大学生

Hi! アメリカ南部の都市ダラスに暮らすBenにとって、銃は物心ついたときからそばにあったものだった。彼の住む町には軍事学校があり、牧場で射撃を楽しむのは当たり前のこと。彼は、5歳のときに父親から初めて銃をもらったそうだ(ワルサーPPK。ジェームズ・ボンドがほとんどの映画で使う銃)。「この銃を撃つたびに死んだ父のことを思い出します。」と彼は言う。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

都築響一も絶賛! 世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだした壮大なドキュメンタリー作品がついに日本上陸!

この連載について

初回を読む
My Room 天井から覗く世界のリアル

ジョン・サックレー

天井から、部屋を覗くと、世界が見えた。ある若きフランス人が6年かけて世界を旅し、55ヵ国1,200人のベッドルームを天井から撮影。格差、矛盾、夢、歴史…、世界の「違い」を「同じアングル」であぶりだしたドキュメンタリー作品。ナショナルジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nomaht @ytarou588 近刊の写真集『 にある写真を見ると、オタクでなく、整理された部屋でも万国不変の構図な気がしました。 クソリプすみません。 2年以上前 replyretweetfavorite

suerene1 「 銃のコレクションがある部屋」を見たことがありますか? https://t.co/KOdH0auGMP 2年以上前 replyretweetfavorite