メゾン刻の湯

障害者とかLGBTとか、勝手に「タグ付け」されるの正直しんどい

ゴスピが女性装をしている写真が、本人の意図しない形で、インターネットに公開されてしまった。そしてその直後、彼は姿を消した。ジェンダーというデリケートな問題だけに、干渉しないべきか、探しに出かけるべきか、悩むマヒコだったが――。社会からハミ出たくせものたちの集まる銭湯シェアハウスが舞台の傑作青春小説、第29話です!

 ゴスピはこの家から消えてしまった。 彼のfacebookのアカウントも、twitterのアカウントも更新されなくなった。もちろん@Milly252のアカウントも。

「えーと、私はよくわかりませんが」

 戸塚さんは禿げ頭を掻きながら言った。

「つまり、ゴスピさんが女装している写真がインターネット上で公開されてしまったということでしょうか。本人だとわかる形で」

「女性装よ、女性装。女の服を着てるってこと」蝶子が口を挟んだ。

「まあ、そういうことです。」

「ゴスピさんは、それに対して、否定も肯定もしてないと」

「そうです」

「ふざけてそういう服装を着ていたわけではないのですか?つまり、その、いっときの遊びとしてそういう装いをしていたわけではなく、彼のスタイルとしてー」戸塚さんは少し言い淀んだ。

「日常的に行っていたと」

「多分」僕が答えた。

 もしもあれが、花火大会の余興であるならば、彼はとっくに否定していただろう。しかしあの日僕が見たゴスピの姿と、彼につきそうショートカットの女性の振る舞いからは、冗談や好奇心から生まれたその場限りの戯れとは思えないほどの、何かの切実さのようなものが放たれていた。

 龍くんも蝶子も、メッセージを送ったが、返事はないと言っていた。僕はまだ、彼に送る言葉を見つけられずにいる。メッセージアプリを開いては、文字にならない言葉が、画面の上で消えてゆく。

 彼は今、一体どこで何をしているのだろう。あの花火大会で一緒だった人々とともに行動しているのだろうか。寝る場所には困っていないだろうか。ふと、自分が彼の行動パターンを何も知らないことに気づく。同じ家に住んでいると言ったって、僕は彼のことを何も知らない。携帯電話の番号すらも知らない。距離が近ければ近いほど、肝心なことは後回しにされ、瑣末な日々の用事にかき消される。

「蝶子、あいつが女装……女性装してるの、もしかして知ってたんじゃないの?」

 蝶子はいつも通りのしかめっ面でうなずく。

「うん。まあ、何となくね」

「知ってて黙ってたのか」

「他人の秘密を、勝手に話すような無粋な真似、あたしはしない。それにさ、あいつがどんな趣味もってよーが、そんなの大した問題じゃないもん。あたしの前に働いていたクラブにだっていたわよ、TGの子」

「てぃーじー?」と戸塚さんが再び聞く。

「トランスジェンダーの略です。体と心の性別が、一致していないってこと」

「えっと、つまり、性別は男だけど、女の格好をしてる人のこと」

「違うわよ」蝶子が遮った。

「性自認と、社会的な性認識が違う人のことよ。女である自分を持っているけど、身体は男ってこと」

「では、ゴスピさんは、女性の中身で、男性が好きってことですか」

「いや、それはまだわかりません。男で単に女性の服装をするのが好きな奴もいるし、女の服をきていても、女の子が好きって場合もあるだろうし」

「ってゆーか」蝶子が多少声を荒げて会話を中断する。「そんなの本人しかわかんないじゃん。外野が勝手に判断することじゃない」

「そうでしょうね」

 戸塚さんは静かに言った。

「我々は待ちましょう。彼が帰ってくるのを」


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「発売6日で即重版!Kindle版も好評発売中、”正しく”なくても”ふつう”じゃなくても懸命に僕らは生きていく。銭湯を舞台に描く、希望の青春群像劇」

メゾン刻の湯

小野 美由紀
ポプラ社
2018-02-09

この連載について

初回を読む
メゾン刻の湯

小野美由紀

”正しく”なくても”ふつう”じゃなくても懸命に僕らは生きていく。「傷口から人生」の小野美由紀が銭湯を舞台に描く、希望の青春群像劇! どうしても就活をする気になれず、内定のないまま卒業式を迎えたマヒコ。住む家も危うくなりかけたと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

junpeee_ この龍くんのタグ付けに対する考えは実感だなー。 自分も障害者なことはコンプレックスではないけど、「障害者」というタグだけで見られることには反発を感じてしまう。 一人の人格を持った人間として見てくれ、と。 @Miyki_Ono https://t.co/3LMaPBb9VR 1年以上前 replyretweetfavorite

showgo ドラマ化されて欲しいなー 1年以上前 replyretweetfavorite

0501Can @cakes_PRさんから @Miyki_Ono 1年以上前 replyretweetfavorite