美女入門

3年間の歯列矯正で手に入れた、思わぬ美容効果!

「美女入門」アンアン連載1000回を記念して、最新刊『美女は天下の回りもの』と、文庫『 美女千里を走る』が、絶賛発売中です! 「林真理子書店」ほか、全国書店で「特製プレイバック小冊子」も配布中。cakesでは、記念すべき第1話から、順次特別連載しています。マリコの名セリフの数々、たっぷりご堪能ください。第17話は、1998年2月13日号「美人のつくり方」。

マリコの最新情報満載!

『美女は天下の回りもの』(マガジンハウス)

 去年のイヴの夜は、夫と二人で和食屋へ行き、日本酒でぐでんぐでんに酔ってしまった。気がつくと、何とお化粧をしたまま眠ってしまったのである。
 朝起きて後悔のあまり、しばらくぼうっとしてしまった。女なら誰でも知っていると思うが、化粧をして眠るのが肌にはいちばん悪い。朝になると脂がヘンな風にギラギラ浮いてくるのである。
 口惜しい。イヴの日はエステに行き、一時間半もみっちりとお手入れをしてきたのだ。それなのに一晩の油断が、何だかシミをつくったみたい……。

 自分で言うのもナンだけれど、私は肌がとても綺麗デス。若い頃なんか、男の人も交えて旅行に行くとする。すると男の誰か一人が必ず言ったもんだ。

「キミって、肌が綺麗だねえ……」

 朝食の際、まるっきりお化粧をしていない私の肌は白くさえざえとしていたはずだ。
 あの頃、みんな肌を誉めてくれたら、どうしてその先の服の下に隠された私の肌について考えてくれなかったのであろうか。みんな目先の贅肉にまどわされて、そこまでは思いが及ばなかったのね……。若い頃っていうのは、肌が汚なくてニキビだらけでガリガリでも、目鼻立ちのちょっといい女の方に、男のコの人気が集まったけど。みんなバカよね、当時の私の魅力に少しも気づかなかったなんて……。

 さて、今までは前置きで、ここからは本格的な自慢話に入る。つい先日のこと、テツオから電話がかかってきた。

「うちの会社のやつがさ、あんたに会ったらさ、あんまり美人になったんでびっくりしたって言ってたよ」

 あの口の悪いテツオがこう言ったのである。私は喜びにうち震えた。そう、私は努力してるもんな。  ダイエットはしょっちゅう成功と挫折を繰り返しているが、最近多くの人から必ず言われるのに「すっごく瘦せた」というのがある。が、私は実はちっとも瘦せてはいないのである。体重はむしろ増えつつあるといってもいい。それなのにどうして瘦せた印象を与えるかというと、私の顔の輪郭が変わったからだ。

 知ってる人もいるかもしれないが、私は七年前に歯の矯正をした。それもテツオのひと言によるものだ。

「あんたはさ、目は大きくていいんだけど、顔が下半身ブスなんだ」

 口が前に出ていて下品に見えるということらしい。私もかねがねそれを考えていたので歯科医に相談した。すると先生は言ったものだ。

「ハヤシさんみたいな顔立ちは、歯を直すとすっごく変わります、別人みたいになりますよ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

マリコの最新情報満載!

この連載について

初回を読む
美女入門

林真理子

ついに1000回を迎えた、アンアン連載「美女入門」。1997年の第1回には、こんな一文があります。「キレイじゃなければ生きていたってつまらない。思えば私の人生は、キレイになりたい、男の人にモテたいという、この2つのことに集約されている...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

echimishi 林真理子がなぜ美人扱いなのか理解に苦しむ 6ヶ月前 replyretweetfavorite