The Eagle has landed

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


一九六九年七月二〇日、ヒューストン時間15:06

「1202」

バズ・オルドリンの声がヒューストンの管制室に響いた。バック・ルームに控えていた技術者は即座にその意味を理解した。ハミルトンがプログラムした通りに、コンピューターはフリーズを回避し、月着陸に必要なオートパイロットを実行している。彼はそれを誘導管制のベイルズに伝えた。

ほぼ同時進行で、フライト・ディレクターのジーン・クランツが各担当に「ゴー」か「ノー・ゴー」かを尋ねた。一つでもノー・ゴーがあると月着陸は中止だ。ベイルズは力強く答えた。

「ゴー!」

アラームが出てからわずか二十秒。迅速な連携プレーにより、月着陸は継続された。

原因は後に判明した。宇宙飛行士が使うチェックリストに誤りがあり、オフになっているべきレーダーがオンになっていた。そのせいで処理しきれない量のデータがコンピューターに流れ込んでいたのだ。ハミルトンのエラー回避機能がなければ、コンピューターはこの決定的なタイミングでフリーズし、月着陸は中断されていただろう。

その後も何度か同じアラームが出たが、オートパイロットは正常に作動し続け、月着陸船イーグルは高度300メートルまで降下していた。アームストロングは窓の外を見てはっとした。オートパイロットがイーグルを導く先に、サッカー場ほどの大きさのクレーターと岩場が見えたのだ。その瞬間、彼は“ATTITUDE HOLD”モードに切り替えた。オートパイロットが降下速度をコントロールする間、アームストロングが水平方向の速度をコントロールしてクレーターを回避する。コンピューターと人間の、息のピタリと合った二重奏だった。

「燃料は?」

アームストロングが聞いた。

「8パーセント」

オルドリンが答えた。

「オーケー、良さそうな場所がある」

だが近づくにつれ、そこも安全ではないことがわかった。

「クレーターを飛び越す」

そのすぐ先に、わずか30メートル四方の平らな場所があった。アームストロングとコンピューターは、まるで回路で接続されているかのように息を合わせ、その場所にイーグルを導いた。

「60秒」

燃料の残りをヒューストンが告げた。エンジンが巻き上げる砂煙が窓を覆った。

「30秒」

アームストロングに話す余裕はなかった。月着陸船はゆっくりと、灰色の月面へ降りていった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません