新技術「ソフトウェア」

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


おそらくアポロ誘導コンピューターに搭載された最も斬新な技術は「ソフトウェア」だろう。当時は「ソフトウェア」という言葉すらほとんど誰も聞いたことがなかった。

現代の人はあまりにも「ソフトウェア」という概念に慣れすぎて、それがどれほど革新的なものだったか想像しづらいかもしれない。たとえば腕時計を例に取ってみよう。二本の針と文字盤から成る昔ながらの腕時計である。それは時刻を表示する機能だけを持つ機械だ。では、年月日も表示する機能が欲しくなったらどうするか? 時計を分解して設計し直すか、別の時計を買うしかない。ひとつの機械はひとつの機能しか持たないのが常識だった。電話、時計、カメラ、ディスプレイ……必要な機能の数だけ機械が必要だった。

現代ではそれが全てスマートフォン一台で済む。新しい機能が欲しい時はアプリ(アプリケーション・ソフトウェア)をインストールするだけだ。そのたびに新たな機械を買ったり、分解して再設計したりしなくてもいい。ソフトウェアを変えるだけで機械が進化する。これは破壊的イノベーションだった。

ソフトウェアを搭載する。この斬新な設計思想の正しさはすぐに証明された。当初NASAがMITに求めた機能は、ナビゲーション、つまり宇宙船の現在位置と速度を計算することだけだった。ところが開発が始まって三年後の一九六四年に、オートパイロットの機能も追加するようにNASAが求めてきた。従来の機械ならば回路を再設計する必要があった。だが、アポロ誘導コンピューターならばソフトウェアを書き換えるだけで済んだ。このエレガントさこそが、ソフトウェアの力である。

この頃に転職したマーガレット・ハミルトンに与えられた仕事はもちろん、オートパイロット・ソフトウェアの開発だった。彼女の担当は、万が一ミッションが失敗し緊急退避することになった場合のプログラムだった。新米にこの仕事が回されたのは、この機能が使われることはまずないだろうと思われていたためだった。彼女はそのソフトウェアに「忘れてね(forget it)」という茶目っ気のある名前をつけた。

開発は夜を徹して行われた。当時は現代よりもなおさら仕事と育児の両立が難しかったに違いない。夜や休日は四歳の娘のローレンを職場に連れてきた。そしてローレンが職場の床で寝ている間にハミルトンはプログラムを書いた。「よく娘をそんな風に放っておけるね」と同僚から皮肉を言われる事もあった。

だが、ハミルトンたちが苦労の末に開発したオートパイロットを毛嫌いする人たちがいた。宇宙飛行士だった。たとえば、ある宇宙飛行士はMITの技術者に言い放った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ikb そしていまや、ソフトウェアはなんでも(それだけに、たやすく)で… https://t.co/RIjU4Xkwkx 2年以上前 replyretweetfavorite