タイ語はどのレベルまでマスターすれば良いのか?

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の中から、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
今回は、タイ語をどこまで勉強すればいいのかのお話です。

まずは日常会話レベルを目指す

タイに暮らしていながら、いっさいタイ語を話せないという人はたくさんいる。とりわけ駐在員はそうだ。会社では日本語もしくは英語。必要ならば通訳がつく。その奥さんたちは完全に狭い日本人コミュニティの中だけで生きており、日々つきあう相手は日本人、買い物は日系スーパー、子供は日本人学校だ。メーバーン(メイド)も片言の日本語がわかる人がいる。そして会社によっては、駐在員だけでなくその家族まで、なるべくローカルなところに入りこまないよう注意喚起している(時代錯誤&責任回避のいかにもニホンの会社だ)。

こうなってくるともう、タイ語を使う場面がほとんどない。しかし、現地採用の日本人に求められているのは、そんな駐在員とタイ人社員とをつなぐ立ち位置だ。どれだけタイ人のスタッフが日本語や英語ができても、タイ語がわかってタイ人の考え方を理解できているほうがはるかに仕事はうまくいく。

就職時の面接でもタイ語による質疑応答があったり、試験があることも。とはいえビジネスレベルの語学力が求められる職種はそう多くはなく、ほとんどが「日常会話」「社内での意思疎通」ができれば、というもの。それよりもまずは、社会経験と人柄が重視されるようだ。その業界や社内での専門用語や知識は入社後でも、という姿勢。もちろんそのあたりを身につけている経験者であれば、待遇はよくなる。

読み書きができれば一人前?

タイ語力をつけるには、最初が肝心。タイに移ったら、まずがっつりタイ語学校に通うべし(日本にいるときから、ならさらにいい)。そこで基礎を固め、習ったらすぐに使ってみて、口と耳からまず覚えよう。コミュ障だとか言ってる場合ではないのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

thinktink_jp "ちなみに「夜のお姉さん」を相手に #drip_app 2年以上前 replyretweetfavorite