10代からおしゃれだったら人生は別物だったかもしれない

MBさんの新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』をcakesで特別連載! 日本一のファッションメルマガを発行している著者MB氏のもとには、読者から感謝の声が山のように届きます。「女の子にほめられました」「結婚できました」「転職しました」などなど。なぜかというと「男性にとっておしゃれとはいわばチートスキルのようなものだから」とMBさんは言います。そのワケとは? 連載第4回

とにかく今すぐはじめよう

A そこまで言われるとさすがに興味がわいてきたな。中学生とは言わないまでも、高校生くらいからファッションに興味をもっていれば、もっと違った人生になっていたのかも。

MB メルマガの読者からよく頂く反応に「高校、せめて大学生のころにMBさんのメルマガに出合っていれば!」というものがあります。これはすごく面白い感想だと思っています。やはりみんな、心のどこかで、昔からもっとおしゃれであれば人生が変わっていたのかもと感じているからです。小学生のころは足が速くて面白い子がモテます。彼らはそこで自信をつけてきたわけです。そして中学生、高校生にもなると、いわゆるスクールカーストの上位にいる子たちというのは、おしゃれな子たちになっていきます。大人たちが嫌がる色気づいた子たちです。彼らを目の当たりにしているからこその反応だと思います。先生たちからすれば、学業やスポーツ以外のことで自信をつけたりするなんてけしからんとなるわけで、そういった偏見が日本ではファッションを軽んじる傾向につながっていくのですが……。

A でも、チーマーとかギャルとかもそうですけど、若者にとっておしゃれって不良というか、ヤンキー文化ですよね?

MB たとえが古いですけど、そのとおりですね(笑)。若いころのおしゃれはヤンキー文化の側面が強いのも事実です。制服を着崩したり改造したり。逆に考えると、服がチートスキルだといち早く察知していたのが不良だったのかもしれません。いまだとリア充になるのかな? 実際に彼らはモテるので結果を出していますし。

A でもMBさんは不良ではなかった?

MB めちゃくちゃ真面目でしたよ! 学校にファミコンのカセットを持っていくのさえ極度にビビってしまうほどです。でもだからこそ、おしゃれも勉強と同じで真面目に研究すれば理解できると考えました。もちろん当時はおしゃれにロジックがあるなんて考えもしませんでしたけど、おしゃれの教科書をつくりたいという欲求はこのころからありました。学びに遅すぎるということはありません。いまからでも十分に間に合います。とにかく今すぐにはじめることが大事です。

一日1時間の使い方

MB 私はサラリーマン時代、毎年春に新入社員に話していたことがあります。

A そんなにチャラい感じなのに管理職だったんですか?

MB 今も昔もノリは同じですけどね(笑)。彼らを前に「一日1時間は自分を高めることに使いなさい。未来の自分に必要なことを一日のうちたった1時間でいいので使いましょう。勉強でも何かの練習でも、なんでもいいからやってみてください」と話していました。あなたにとって「一日1時間」って、どれくらいの体感ですか?

A 家に帰って着替えてビールを飲んだらあっという間ですね。

MB そう考えるとたった1時間であるということがわかります。仕事から疲れて帰ってきてゴロンと横になってテレビを見ていると、あっという間。その1時間が私にはとてももったいなく思えます。

A でも、そういう時間こそ大切というか、一日仕事をしたのだから、まったりしてもよくないですか?

MB ただ、人の脳は40歳をすぎると前頭葉の老化がはじまるそうです。意欲や創造性を司るクリエイティブな部位は40歳までしかフル活用はできない。もちろん、中年以降もクリエイティブな働きをする方もたくさんいらっしゃいますが、身体においてのピークは40歳前後といわれています。仕事をバリバリこなし、自分の理想的な将来に向かって何かを準備する時間はそう多くないってことに気づきませんか?

A そんな大げさな……。

MB もちろん、寝転がってリラックスする時間も必要でしょう。でも逆に、毎日1時間は自分の将来のために費やしてもいいと思いませんか? しかも、一日1時間を1年間継続すれば……。

A 365時間って15日とちょっとか。それってどういう長さなんだろう?

MB たとえば不動産業の就職に役立つ宅建の資格は、もちろん個人差はありますけど、一般的に300時間ほど勉強すれば合格を狙えるといわれています。また中学3年間の英語の授業時間も通算で420時間ほど。3年かけて学んだ英語に迫る学習が一日たった1時間の継続でできることになります。

A 言うのは簡単だけど、なかなか実践できるものじゃないでしょう。

MB 多くの新入社員にこの話をして実践した人はほんのわずかでした。しかし、なぜ私がこんなエラそうなことを言えるかというと、私自身が実体験としてこれはすごい習慣だと知っているからです。

A ま、マジですか……。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
幸服論

MB

メンズファッション指南の第一人者である著者は「ファッションこそ最高の自己啓発だ」と断言する。人間の中身を変えるのは大変だが外見を変えるのは一瞬だからだ。服を着て鏡の前に立つだけ。実際に著者のメソッドを実践している読者からは「女性から生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sura_1202 めっちゃ気になる所で。。。 10ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu 昔からおしゃれだったら人生はまるで別物だったかも? https://t.co/keYPN0dqTC #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "ただ、人の脳は40歳をすぎると前頭葉の老化がはじまるそうです。意欲や創造性を司るクリエイティブな部位は40歳までしかフル活用..." https://t.co/uijK6jDOcB https://t.co/YLllsfr5fu #drip_app 2年以上前 replyretweetfavorite

muku_dori_ 「そもそも、本当に何をしていいかわからないんですよ……」わかる…………! 2年以上前 replyretweetfavorite