よちよち歩きの子どもの顔の高さ」に、ホコリは最も多く飛散する。

気管支喘息は、家に潜むホコリやカビが、その大きな原因となっています。「こまめに掃除しているつもり」が実は落とし穴。掃除機やフローリングワイパーを動かすたびに舞い上がるホコリは、「よちよち歩きの子どもの顔の高さ」に最も多く飛散すると言います。病気と掃除のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、喘息の原因となるホコリの正しい掃除法について教えていただきます。

喘息発作で死に至るケース

喘息(気管支喘息)とは、慢性的に気道が炎症を起こし、空気の通り道が狭くなる病気です。一度喘息になると、空気中の物質の少しの刺激にも敏感になり、さらに気道が炎症を起こして、息苦しさや激しい咳込みなどの発作を生じさせます。現在、喘息の患者数は増加傾向にあり、日本全体でその数は約800万人とも言われています。

実は 「喘息死」といって、喘息発作による呼吸困難で死亡することもあります。2016(平成28)年に厚生労働省が発表した「アレルギー疾患の現状等」によると、近年では徐々に減少しているものの、2015(平成27)年の1年間で1550人もの方が、喘息発作で命を落としているのです。

喘息発作を引き起こす刺激物質は、アレルギーの原因である 「アレルゲン因子」と、「気道を刺激する因子」の2種類に分けられます。前者の代表的なものには

●ホコリ ●ダニやその死骸 ●動物の毛やフケ ●花粉 ●カビ

が挙げられます。

なお、後者の気道を刺激する因子には、風邪のウイルスタバコの煙などがあります。

また、喘息が悪化しやすい季節というのも存在します。それがです。

台風などの気圧の変化にも悪影響を受けますが、一番の原因となるのが、秋に急激に増えるダニの死骸です。夏の間に繁殖したダニは、気温15℃、湿度50%を下回ると一気に死滅し、その死骸が細かい粉となり、ホコリとともに空気中に舞い上がります。

そのアレルゲンを吸い込むことで、喘息発作が増えるのです。

このように、発作の原因アレルゲンの約9割は、家の中のダニやホコリといわれています。つまり、喘息発作を予防するには、これら家の中のアレルゲン因子を、正しい掃除法で除去しなければなりません

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません