妻が焼いたパンの中から客の鼻が出てきた!

妻が焼いたパンの中から客の鼻が!? といえば、ニコライ・ゴーゴリの小説『鼻』の一場面ですが、鼻にはどこか滑稽なイメージがつきまとうようです。芥川龍之介の『鼻』では茹でて弟子に踏ませるシュールなシーンが描かれますし、『鉄腕アトム』のお茶の水博士の鼻は大きくチャーミング。実話では、なんと南方熊楠が同僚の鼻を噛み切った逸話も……? 医療小説の奇才・久坂部羊さんの『カラダはすごい!』が、鼻の秘密に迫る!

鼻血は鼻をつまめば止まる

五感のひとつである嗅覚は、鼻の奥にある「嗅細胞」によって感知されます。においの元になる化学物質が、嗅細胞に触れると、その刺激が電気信号に変換されて、脳に伝わるのです。

鼻の穴を左右に分ける壁は「鼻中隔」といい、軟骨と粘膜でできています。「鼻の骨が折れる」というのは、ここが折れることを指すことが多いようです。

鼻中隔の下前方、すなわち鼻の穴のすぐ上には、毛細血管が豊富な場所があり、「キーゼルバッハ部位」とよばれます。鼻血はたいていここから出ます。鼻血が出ると、ちり紙を丸めて詰める人が多いですが、それより鼻をつまむ形でこのキーゼルバッハ部位を圧迫したほうが早く止まります(時間は5分から10分。手を離すときにそっと離すのがコツ)。うなじを叩く人もいますが、これはまったく効果がありません。

鼻血はさしたる原因もなく出ることもあるので、さまざまな俗説が流布しています。性的に興奮したら出るとか、チョコレートやピーナツを食べすぎると出るなどですが、これらは根拠がありません。ですが、鼻腔内の腫瘍、動脈硬化、血友病や白血病などで出る場合もあるので、鼻血を繰り返すときは、医師の診断を受けたほうがいいでしょう。

鼻水は、鼻腔内の腺細胞や杯細胞から分泌される液で、粘膜保護のため、絶えず分泌されています。蛋白質を含むので、乾くと固形になり、いわゆる「鼻くそ」になります。鼻くそは大きいものが取れると、なんとなくうれしくなります(私だけかもしれませんが)。すぐに捨てるのが惜しくて、指でこねくりまわしたりすることもあります。においを嗅ぐと、どこか懐かしいにおいがするのは、やはり自分の一部だからでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

クレオパトラ、ゴーゴリ、芥川龍之介、手塚治虫、シラノ・ド・ベルジュラック、鼻の大展覧会!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

suerene1 思わず、芥川とゴーゴリ-の「鼻」を青空文庫でダウンロードしてしまった。 https://t.co/4zMHIRSUIk 9ヶ月前 replyretweetfavorite