オリンピック後も鍛錬を続けるアスリート。世界で国内で。

明日3/9〜11、北海道帯広で第6回女子日本アイスホッケーリーグ(ファイナルトーナメント)が開かれます。平昌オリンピックで健闘した女子日本代表メンバーも多数出場。入場無料です。【小説の展開】アンとスマイルジャパンはスイスで開かれる五カ国対抗戦に向け、男子チームとの練習試合を続ける。祖父はリンク閉鎖の危機を救うべく、アメリカのサープラス社を巻き込む謎めいた計画を進行させる。

*主人公の無瓢 庵(ムヒョウ アン)。背番号99。23歳。アスリート&中華料理のシェフ見習い。
実際の女子アイスホッケー代表チーム「スマイルジャパン」に架空のアスリート、アンが参加して物語は進みます。

19.上品で静かな大和撫子の加奈。この女こそが男子との試合でも奮闘した。

 強化合宿の最終日。午後1時に集まり、五カ国対抗で当たる相手国の試合ビデオを見ながら、キャロリーナコーチが対応戦術を説明した。
 そのあと氷上に出て、フォーメーションの確認、パスのタイミングを入念にチェックした。
 夕食を早めに済ませ、21時から明治大学の男子と試合をした。大学リーグ1位の強豪だ。しかし男子社会人チームとも戦うスマイルジャパンである。大学生何するものぞ。私もがんばって禁酒状態、からだは切れていた。
 結果、5対5の引き分けとなった。私も3点取った。強豪相手に善戦とも言えるが、あと一歩押しが足りない。勝ち点3はなかなか遠い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません