第32回】[22 破壊的イノベーション]品質追求は敗北の火種 熱心が客離れ招く逆説

飽くなき品質の追求が敗北をもたらす──。そんな驚きの逆説である「破壊的イノベーション」は、米ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授によって提唱された。著書の「イノベーションのジレンマ」という名称でも広く知られ、市場の新規参入者が大手既存企業を打ち負かす構造を明らかにした。

 飽くなき品質の追求が敗北をもたらす──。そんな驚きの逆説である「破壊的イノベーション」は、米ハーバード・ビジネス・スクールのクレイトン・クリステンセン教授によって提唱された。著書の「イノベーションのジレンマ」という名称でも広く知られ、市場の新規参入者が大手既存企業を打ち負かす構造を明らかにした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
ロジカルシンキング&問題解決法

週刊ダイヤモンド

歌に音階、英語に文法があるように、実は仕事にも確立された手法が存在する。それが、ロジカルシンキング、問題解決法、フレームワークだ。しかし、それは一部の大学などを除けば社会人になるまで誰も教えてくれない。高年収・高効率の人なら皆実践して...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません