滝沢カレンの日本語から学ぶべきこと

今回取り上げるのは滝沢カレン。日本語が不得手なハーフタレント、得意なのはあだ名付け。というどこかで聞いたような特徴を持った彼女ですが、最近はテレビに出ずっぱりなくらい人気者になりました。そんな彼女の不思議な日本語について、武田砂鉄さんが考察します。

ファンキー加藤が「そだねー」と言った

先週末、ファンキー加藤のライブを観に行った。いつの日か、誰かから「お前の書いたファンキー評は、分析じゃなくて、ただの悪口じゃん。ライブ観てから言えよ」と言われた時に「観てます」と即答するために観に行ったのだ。詳細は端折るが、彼はMCで、平昌五輪カーリング女子チームの口癖である「そだねー」を使って笑いをとった。急速な勢いで流行している言葉を臆面もなく使える自分ではないので、彼が嬉々として使う様子に、むしろ胸を撫で下ろす。

流行語を、「逆に今こそ」とか「それでもなお」といった段階に入らないと使えない。斜に構えず素直で熱い人間が「そだねー」を使うならば、斜に構える卑屈な人間は「そだねー」を絶対に使わないようにしよう、と心掛ける。この時期、「そうだね」と答え、「あ、今、そだねー、って言った?」との展開を呼び込む可能性があり、それはたちまち自己の崩壊に繋がるので、誤解を招かぬように「本当にそう思うよ」などと丁寧に返す。ファンキー加藤が「そだねー」で笑いをとっていたのだから、私は「本当にそう思うよ」を徹底する。

「確認を怠った本当に申し訳ございません!」

数ヶ月前、ネットで注文した商品がなかなか届かず、業者にメールをしてみると、その業者が中国の会社だったことを初めて知る。日本語で送られてきたメールにはこのようにあった。
「予想外、前日中国税関で数日間止まれました。確認を怠った本当に申し訳ございません! 弊社はもう配送業者に連絡させていただきました。予定により1週間ぐらい遅くなるかもしれません。もう少し待って頂けませんか?」
「はい、お待ちしております」と返す。丁寧な文章にしたい気持ちは伝わるが、その気持ちを注ぐ箇所が押し並べて間違っている文章を、繰り返し読んでしまう。日本語能力が低い、と笑うのではなく、むしろ、この手の文章に懐かしさを覚えたのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

iwayadai @takedasatetsu さんによる、なぜカレンの日本語はあんなにも面白く、人に伝わるのかの真面目な解説。クスクス笑いながらフムフムと納得しました。 https://t.co/YDfFxZ73ax 5ヶ月前 replyretweetfavorite

Dai108 @takedasatetsu さんによる、カレンの日本はなぜあんなにも面白く、そして人に伝わるのか。の真面目な解説。 https://t.co/fh4dmfCuSe 5ヶ月前 replyretweetfavorite

samonakikotowo 武田砂鉄好き。 でも無料期間にちまちま読む派。 でも好き。 6ヶ月前 replyretweetfavorite

yuichi0613 "不十分な日本語のほうが、日本語としての体温が高いことを知る。そして、提示した議題を説明せずにそのまま放っておいてもいい、という勇気を知る" 6ヶ月前 replyretweetfavorite