夢に向かって邁進すると若々しく生きられる

日々の生活習慣こそが若さを保つ秘訣! 生活習慣を通じて、疲れを癒やして、自分自身をリフレッシュさせるノウハウがあれば、その人は常に生き生きとした表情で周りに接することができます。 心に精通する心理カウンセラー・植西聰さんが初めて綴る「いつまでも若々しく生きる!小さな習慣」を長期特別掲載します。

夢があると、心がポジティブな状態になり、心身ともに活性化するようになる

 次のような話があります。
 AさんとBさんという男性が大学卒業後、同窓会で久しぶりに再会を果たしました。
 二人はともに五〇歳になったばかりでした。
 にもかかわらず、Aさんは老人のようにふけていました。
 いっぽうのBさんは二〇代の青年のように若々しくハツラツとしていました。
 その違いは二人の意識の持ち方にありました。

 Aさんはいつもこのような言葉を口にしていました。
 「私には夢も希望もない。一生、うだつの上がらないサラリーマンのままだ」
 「自分の将来など、たかが知れている」
 これに対し、Bさんはいつもこのような言葉を口にしていました。
 「私には起業家として活躍する夢がある」
 「自分の将来はバラ色だ。希望に満ちあふれている」

 このように未来に意識を向けたとき、そこに夢や希望があると、人生に大きな張り合いが生まれるようになります。
 人生に張り合いが生まれれば、毎日が楽しくなります。
 毎日が楽しくなれば、何事も積極的に考え、積極的に行動できるようになります。
 すると、意識するしないにかかわらず、心をポジティブな状態にキープできるようになります。
 それによって、心と身体にいいホルモンがどんどん分泌されるようになり、心身ともに活性化するようになります。
 つまり、夢があれば、いくつになっても若々しく生きることができるのです。

自分のためだけの夢を持って未来を生きたほうが、有意義な人生が送れる。

 社会構造が激変し、格差社会が生まれたことも関係しているのでしょう。
 私たちは年齢を重ねるにつれ、往々にしてこう考えがちです。
 「毎日、つつがなく暮らせればそれでいい」
 「人並みの収入があり、人並みの生活ができればそれでいい」
 要するに、世間の人と横並びの人生を送ることを考えているのです。
 しかし、それだと精神的な充実感・満足感は得られなくなります。

 そこには、人と同じように生きるという安心感があるだけで、生きがいや自己実現を担ってくれる夢がないからです。
 でも、よくよく考えてみると、みんなと同じでなければならない理由など、ひとつもありません。
 「あの人がサラリーマンをしているから、私もサラリーマンのままでいなければならない」などという義務などはどこにもありません。
 ひとりひとりの顔が違うように、いろいろな生き方があってもいいと思うのです。
 それは起業家・自営業者としての道を歩むことかもしれません。
 教育者として人を育てることかもしれません。
 音楽家や画家といったアーティスト、あるいは作家になることで、素晴らしい作品を生み出すことかもしれません。

 「自分のためだけの夢を持って未来を生きたほうが、有意義な人生が送れるようになる」
 
そう決意した瞬間、その人は若々しく生きるためのスタート地点に立ったことになるのです。

自分という人間の価値は不滅である。
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

全文が気になる方はこちらー著者累計460万部のベストセラー・カウンセラーが初めて語る、"若々しく生きるための習慣"本の決定版。

この連載について

初回を読む
いつまでも若々しく生きる!小さな習慣

植西聰

日々の生活習慣こそが若さを保つ秘訣! 生活習慣を通じて、疲れを癒やして、自分自身をリフレッシュさせるノウハウがあれば、その人は常に生き生きとした表情で周りに接することができます。 心に精通する心理カウンセラー・植西聰さんが初めて綴る「...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません