おしゃれは男のチートスキル」。自信がついて行動が変わる

MBさんの新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』をcakesで特別連載! 日本一のファッションメルマガを発行している著者MB氏のもとには、読者から感謝の声が山のように届きます。「女の子にほめられました」「結婚できました」「転職しました」などなど。なぜかというと「男性がおしゃれになると自信がつくから」とMBさんは言います。そのワケとは? 連載第3回

おしゃれになれば自信が持てる

A そもそもなぜ、いい大人がファッションなんですか? 大学デビューしたい高校生じゃあるまいし。

MB それは、おしゃれをすれば自分に自信が持てるということを小さいころに経験して、ファッションの持つ力に確信があるからです。

A しかし、洋服で自信をもつって結局、外見の話でしょう? そんな自信すぐに消えてなくなりそうですけど。

MB ええ、一般的な大人の感覚でいえば、服で自信をもつなんて、さも薄っぺらく感じるでしょう。実際、私も「内面を磨け」としょっちゅう説教されてきました。彼らの言いたいことはわかりますし、服はグルメと違っていくら買っても体を壊すことはありません。だからファッションが目的になってしまうと自分を見失ってしまうことも皆無ではありません。

A なんか微妙に、言っていることが矛盾してないですか?

MB 内面を磨くことはもちろん大切だし、同時に外見にこだわりすぎるのもよくないということです。ただ、多くの日本人が誤解しているのは、外見が内面に大きく作用するということを過小評価している点です。そもそも、現実的に考えてほしいのは、人間は中身だといった場合にどうやってそれを磨きますか?

A いろいろな挑戦をして経験を積んでみたり、自己啓発書やビジネス書を読んで勉強するとか。

MB 私は経営学部だったのでピーター・ドラッカーを愛読しています。しかし、自己啓発書やビジネス書を読んで涙を流すほど感動し、翌日から実践して成功したなんて話は聞いたことがありません。翌日にはいつもどおりのマインドに戻っているのが普通です。こうした方法論や仕組みには欠点があって抽象的な概念を教えてくれはしても、具体的に仕事や生活に応用できる方法は教えてくれないことです。「行動しよう」「PDCAを回そう」と言われて、生活のなかに取り込もうとしても、肝心のまず何をすればいいのかがわからない。あるいは、本当に好きなことをやりなさいと言われても、その好きなことさえ見つからずに途方にくれてしまう。自己啓発が役に立たないのはこのためです。

A 他人が人の中身を変えるのはムリってこと?

MB 並大抵の努力ではできないでしょうね。なぜなら、どんなに偉大な成功法則を知っても、気がつけば日常のルーティンに流されてしまうからです。結果を出すには、行動を変える必要があります。行動を変えるには思考を変える必要があります。でも、思考は簡単には変わりません。

A また極端なことを言いますね。

MB それくらい難しいことだし、それがわかっていながら、みんな簡単に内面を磨けとか、人は中身だと言う。ところが洋服は一瞬で自分を変えてくれる魔法のツールです。しょせんは外見だろうと思われるかもしれませんけど、その魔法の効果を誰もが一度は体感しているはずです。たとえば新しく買った服を着て鏡の前に立って、「あ、ちょっといいな」と感じると無性に外出したくなるし、誰かに会いたくなるでしょう?

A 新しい服は、ずいぶん買ってない気がするけど、スーツを新調したときは、少し出勤するときの気分が違います。

MB 日本の男性は不幸なことに、人は見た目じゃない、内面で勝負しろとしつこく教育されます。でも、おしゃれかも、カッコいいかもと自覚できれば行動は簡単に変わります女のコと話すときに変に緊張して臆することがなくなるし、普段行くにはハードルが高い店でも堂々と振る舞うことができます。ウェイターを呼ぶときも心なしかはっきりと声を出せるようになります。

A ちょっと強引な気がするなぁ……。いくらおしゃれでも全員が成功するわけじゃないし、いやなヤツもいるだろうし。

MB もちろん傲慢な人もいるでしょう。しかし、自分もかつてはイケてなかったという認識があれば、そこまで増長したりしません。多くの人はそうやって外見が少し変われば、自信を持った振る舞いや、堂々とした行動が少しずつできるようになります。人の行動は自信の積み重ねによって決まるので、内面がいいほうにどんどん変化していきます。仮に自己啓発書を読んで考えが一時的に変わったとしても、行動に移すのは難しいでしょう。しかし、外見の変化であるおしゃれなら服を着るだけです。鏡を見た瞬間に自分に自信が持てる。自信が持てれば思考が変わって行動も変わる、おのずと結果も変わってきます。ファッションがチートスキルだと言っているのは、着るという行為のなかにこういうプロセスがあるからです。

MB's skillおしゃれは服を着るだけ。 鏡を見た瞬間に 自分に自信が持てる。

A ……なるほどなあ。だからこそ、おしゃれは最高の自己啓発ってことか。

おしゃれになると場にビビらない

A ちなみにMBさんは、僕なんかと違って、やっぱり若いころからおしゃれな洋服を着てクラスの人気者だったんでしょうね。

MB いや、それが中学・高校時代は、いわゆるオタク少年でした。服装もヤボったくて趣味もアニメとゲーム。ついでに勉強も全然できませんでした。しかも体が弱くて病気がち。だから、イケイケなバスケ部の同級生がみんなと仲良く話しているのを羨ましく思っていました。

A なおさら、どうやって洋服に興味を持つようになったのか気になります。

MB 兄が、当時の彼は成績優秀で人付き合いも上手、見た目も格好よくおしゃれもこなれていました。おそらく同年代のなかでは、群を抜いておしゃれでした。そんな兄がある日、出かけようとする私を引き留めて洋服を貸してくれました。平静を装っていましたけど、あのときの高揚感はいまでも忘れられません。自信がなくて背中を丸めて歩いていた私が、鏡を見ると憧れの兄のようにスラリといい感じにカッコよくなっているではありませんか! 友達からも、今日はなんか雰囲気が違うと感心されて鼻高々でした。あの瞬間に開眼しました。それからは街に洋服を見に行ったり、友達とファッションについて語り合ったりしているうちに、いつの間にかコンプレックスがなくなり、少しずつではありますが人付き合いが楽になっていったんです。

A ちょっと単純すぎる気も……。

MB 女性が苦手だったのにいつの間にかクラスの後ろの席の女子とも仲良く話せるようになったりして、行動まで変化していった経験があります。

A 俺なんてこの歳になっても彼女いないけど。

MB 自分に自信が持てない男性は女性と話すのが苦手です。おしゃれをすればそんなコンプレックスはすぐに消えますよ。ほかにも父親が事業に失敗して会社を倒産させたので幼少時はとても貧乏でした。だから外食、おしゃれなレストランやカフェに苦手意識があったのですが、お気に入りのジャケットを羽織れば積極的に出かけたくなります。仕事で高級ホテルのラウンジで打ち合わせをしたり、レストランに女性をエスコートするようなシチュエーションでもこのファッションなら合格だろうという自信があるので臆することはありません。合コンでも、会社のプレゼンでも、講演でも、場に臆するといったことは一切なくなりました。コミュニケーションは結局、人と場で成り立っているので、このアドバンテージはかなり大きいと思いますよ。

A 場に臆するか……。代官山とか表参道にあるおしゃれなカフェとか、場にそぐわないかもとビビるシチュエーションはあるからなぁ。

MB 外見は思考を変えて行動すべてに直結します。もちろん、別の過程で自信を積み重ねる人もいますし、内面を鍛えて自信にする人もいます。そういった努力を否定するわけではなく、ただ、服を着るという行為は、とくに簡単に根拠のある自信をつけてくれるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

仕事と恋愛に効く最強スキルのつくり方とは?

この連載について

初回を読む
幸服論

MB

メンズファッション指南の第一人者である著者は「ファッションこそ最高の自己啓発だ」と断言する。人間の中身を変えるのは大変だが外見を変えるのは一瞬だからだ。服を着て鏡の前に立つだけ。実際に著者のメソッドを実践している読者からは「女性から生...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 男性はおしゃれになると幸福度が上がる? https://t.co/c84tcQom9Z #スマートニュース 4ヶ月前 replyretweetfavorite

smile_nampa モテない人に限って形から入ることを馬鹿にしすぎだと思う 4ヶ月前 replyretweetfavorite

ohsedennen ダイエットと一緒におしゃれについて勉強したけど、本当に有益だったと思う。服の無駄買いがなくなって上手く着回せるようになったし、休日出かけるのが楽しみになった。学生の時に知ってれば全然違う人生だったかもと思うレベル https://t.co/70Z7pOdTri 4ヶ月前 replyretweetfavorite

rasetusad この記事に補足するなら、好きな俳優やミュージシャンが身につけた服や靴を身につけるのって、仮面ライダーのベルトを巻くぐらい勇気出るって事なんだよな。 @MBKnowerMag https://t.co/W2DBfdYvCp https://t.co/W2DBfdYvCp 4ヶ月前 replyretweetfavorite