まだレズ風俗を知らない、すべての女性たちへ

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセクシャルだけでなく、異性愛者もいるといいます。『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』には、女性なら一度は味わいたいレズ風俗の魅力が詰まっています。
はじめまして。
ずっと悩んでいましたが、思い切ってメールを差し上げます。
3年ほど前にそちらのお店を知り、日課のようにキャストさんのブログや、 HPのレビューを眺めています。
一度は利用したい、すてきなキャストさんに会ってみたい!
思いが募るばかりです……が、心配なのです。
私のような者が利用するとおかしいのではないか。
キャストさんに迷惑がかかるのではないか。
私はかなりぽっちゃり体型で、お世辞にも美人とはいえません。
そして、御坊さんよりちょっと、いえ、かなり(?)年上です。
こんな私でも、レズっ娘クラブさんを利用していいのでしょうか?
—T・M

大阪発、10年超の歴史がある老舗レズ風俗店!

この手のお問い合わせをいただくと、僕はうれしくなります。

ウチのお店のドアをノックしてくれた! そう思うからです。

世間には、まだウチを知らないどころか、こういうサービスがあること自体、想像もしたことがない女性のほうが圧倒的に多いのに、この人は3年ものあいだHPを見てくれたというし、ついにはメールまで送ってくれたのです。

どうも、御坊(おぼう)です。

大阪生まれの大阪育ち、つまり生粋の関西人。

僕が大阪ミナミに女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」を構えたのが、2007年のこと。

なんともド直球で、かつちょっぴりダサい店名ですが、10年もやっているので愛着があります。

ここの代表をやっている僕は毎朝、起きてすぐにHPに届いた予約や問い合わせに目を通します。

冒頭で紹介したのは、問い合わせのなかで最も多いパターンです。

僕たちに向けてノックはしてくれた。

でもまだ、ドアノブに手がかからない。

どうしても躊躇してしまう。

だったらいっそ利用するのをあきらめようか。

ドアの向こうから「どうぞ」という声が聞こえてくるのに、その手はノックしたときのまま軽く握られている。

ここで引き返したところで、いまの生活になんの支障もない。これまでと同じ毎日を送るだけ。

でも……。

そんな思いが行間からびしびし伝わってきます。

ためらう気持ちは、よくわかります。

レズ風俗に興味はある、でも利用するのは不安…

女性が風俗店を利用すること自体、ここ日本には根づいていません(ほかの国にはあるのかどうか僕にもよくわかりませんが)。
一方で男性が利用する風俗店は全国に存在し、サービス内容も多岐にわたっています。
行かない人は行かないけど、一度は利用したことがあるという人は少なくなく、僕の周りにもいっぱいいます。すごくハマッてしまう人もいます。
“女性向け風俗〟という言葉も少しずつ耳にするようにはなりましたが、「怖い」という印象を持つ女性が多いでしょう。

ましてウチは女性が女性にサービスする風俗店です。
僕らはこれを〝レズ風俗〟と呼んでいますが、みなさんにとっては余計に実態がわからないでしょう。
「あやしい」と身構えるのも自然な反応だと思います。
どんなところなんだろう?
どんな女性が何をしてくれるんだろう?
お値段は高いのかな?
利用していることが周りにバレちゃうことってあるのかな?
そしたら死ぬほど恥ずかしい思いをしそう。
……知らないからこそ、不安だけが胸をよぎります。

さらに、こんな不安も上乗せされるでしょう。
私、オバサンだから。
太めだから。
美人じゃないし。
そもそも女性どころか男性とも一度も経験がないんだけど。

レズ風俗という未知のドアを前にしたとき、多くの人はそれを「開けない」ための理由を考えます。
開けてしまったら、自分のなかの何かが変わるのではないか。
それはすてきな体験かもしれない。
でも逆の可能性も、ありうる……。

女性同士の触れ合いによって、人生が前向きに!?

僕は、それだけウチへの期待が大きいのだと解釈しています。
人はまるきり期待していないことに対しては、気持ちを動かされません。

あっさり一歩を踏み出せるし、あっさりあきらめることもできます。

そうではなくウチのお店に期待しドアをノックしてくれた女性たちに、僕はこういいたいのです。

「行けない理由や行かない理由ではなく、お店に行く理由や利用する理由をひとつでいいから見つけてください。
ノックをしたからには、行きたいという気持ちが少しはあるはずです。  僕たちは年齢やルックスでお客様を選ぶようなことはしません。
18歳以上の、すべての女性がご利用可能ですし、実際いろんなタイプの女性にご利用いただいています。
多くの人が、『レズ風俗を利用してよかった!』『人生に張り合いが出た』『自分のことを好きになれた』とお話されています。
興味がある時点で、あなたの人生にはレズ風俗が必要なのです」

あらためて思い返すと開店から10年間、たくさんの出会いがありました。
お客様とキャスト、キャストと僕、僕とお客様。
紆余曲折がありながらも、レズっ娘クラブは女性たちに必要とされてきたからこそつづいてきたのだと思います。
本書には僕がお店の代表として10年間、見聞きしてきたことや、ここで生まれたドラマが詰まっています。
その間、レズビアン女性を取り巻く世界や、女性たちの性に対する意識は少しずつ、だけど確実に変わってきました

ようこそ、レズっ娘クラブへ。
どうぞ最後までおつき合いください。

さびしくなくても大歓迎! 多くの女性が「レズ風俗」で人生前向きになりました。

この連載について

すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。

御坊

レズ風俗店ーー多くの人にとって、耳慣れない言葉でしょう。女性が女性に性サービスをするデリヘル店は全国的に少しずつ増えてきていますが、なかでも際立っているのが大阪ミナミを拠点とした「レズっ娘クラブ」。利用する女性にはレズビアン、バイセク...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

obouchama 現在、cakes(ケイクス)月間ランキング2位です! 2ヶ月前 replyretweetfavorite

obouchama 現在、ケイクス月間ランキング3位なのかもしれない。https://t.co/79zPSjIG4W https://t.co/kSDbUwelle 3ヶ月前 replyretweetfavorite

obouchama 【明後日の10時まで無料!】 3ヶ月前 replyretweetfavorite

obouchama いえええええええい! https://t.co/79zPSjIG4W https://t.co/J9UixqzLoi 3ヶ月前 replyretweetfavorite