心のベストテン

ピンチをチャンスに変えた「ひらがなけやき」と相変わらず天才的なゲスの極み乙女。

先日けやき坂46、通称「ひらがなけやき」の武道館ライブに訪れた大谷さんと柴さん。現場でそのハッピーなエンタメ感に驚いたそうです。後半では、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんのすごさに迫ります。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

啓蒙がエンタメになる「ひらがなけやき」

大谷ノブ彦(以下、大谷) こないだ、けやき坂46の武道館ライブに行ってきたんですよ。それがすごく良かった!

柴那典(以下、柴) 僕も行きましたよ! いやー、素晴らしかったですね。

大谷 「けやき坂46」と書いて、通称「ひらがなけやき」って言うんですよね。

 そうそう。1期生のメンバーを中心とした「漢字欅」と2期生も混じった「ひらがなけやき」という。
 で、1月末の武道館3daysは「欅坂46」と「けやき坂46」をまじえた初の武道館公演として予定されていたんですけれど、センターの平手友梨奈さんの怪我で急遽「ひらがなけやき」の3日間公演になった。

大谷 平手さん、昨年末の紅白歌合戦でも歌唱中に過呼吸になってしまったり、痛々しいほどに自分を追い込んでるんじゃないかと思って心配しましたけど。

柴 前にも欅坂46の尾崎豊的なシンボルを彼女が担っているという話はしてましたよね。

大谷 そう。それを所属レーベルのソニーミュージックの方が読んで「ほんとにおっしゃる通りで」と言っていただいたのがきっかけで、武道館に誘っていただいたんですよ。

 どうでした? 武道館は。

大谷 異世界だった! 全然想像していたのと違った。まずセットがSEKAI NO OWARIかっていうくらいファンタジー感満点なんです。僕はそこまでくわしくなかったんですけど、凛として時雨のピエール中野くんに話をしたら、「絶対行ったほうがいいです! すごくファンタジーでハッピーですから」って言われたんだけど、まさにその通りだった。

 舞台セットもサーカスみたいだし、道化師みたいな人たちもゲストに出てくるんですよね。

大谷 そうそう。本人たちからもハッピーな空気が伝わってきましたね。それが全体を満たしている。で、思ったんだけど、欅坂46の曲って、70年代フォーク的というか、尾崎豊的というか、メッセージ性の強い、もっと言っちゃうと啓蒙的な歌が多いじゃないですか。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

nijuusannmiri 「秋元康って、何十年後かに、本当に偉大な詩人として振り返られるだろうなって思います」多分そういうことになるんだろうな、ということはちょっと前に思った。量が質を生んでいる面もあるか。 約1年前 replyretweetfavorite

shiba710 対談連載「心のベストテン」最新回はけやき坂46とゲスの極み乙女。についてです。→ 約1年前 replyretweetfavorite

fka_shanghai 今日公開なのに読んだ覚えあるぞ?と思ったらこないだTVでしてた話か 約1年前 replyretweetfavorite