いつも恋人に奉仕しすぎて疲れ、長続きしません

今回、牧村さんのもとには、「奉仕的な恋愛しかできず、不満を溜め込んだまま恋人と別れてしまう」というお悩みが届きました。思ったことを相手に伝えるべきだと理解しながらも、エゴに感じて一歩踏み出せない相談者さんに対し、牧村さんはご自身の経験を交えてアドバイスしていきます。


※牧村さんに聞いてみたいことやこの連載に対する感想がある方は、応募フォームを通じてお送りください! HN・匿名でもかまいません。

「こうしなければ人に愛されないのだ」という恐怖に迫られて、何かを差し出す。そんなことをすればするほど、自分を愛せなくなるのよね。

いい子でいなきゃ愛されない。

いい女、いい男でいなきゃ愛されない。

いい親、いい夫、いい妻でいなきゃ愛されない。

いい上司、いい先生、いい部下、いい生徒でいなきゃ愛されない。

いい人でいなきゃ、いい人でいなきゃ、こんな自分なんか、誰にも愛されないんだ。

そう思いながら無理することを、もうやめよう、と思うんです。それで愛されるのは、「愛されるために無理している状態の自分」でしかないもの。

今日ご紹介するのは、「対人関係において奉仕的になりすぎるがゆえにいつも疲れてしまう」という方からのご投稿です。青い字が投稿文、黒い字が私こと牧村朝子の文章です。対話形式でお送りしたいと思います。

はじめまして。こちらのエッセイをいつも楽しみに拝読しております。ご自身や投稿者様方の日常に向き合いながら、こういう生き方もあるんじゃないか、と提案される牧村様の姿勢に励まされております。

うふふ、うれしい。ありがとうございます!

私は現在、歳上の女性とお付き合いしているしがないOLです。今回その付き合い方と申しますか、人との向き合い方・愛し方について何かご意見をいただければと筆をとりました。長文駄文となりますが、お時間あればお付き合いいただけますと幸いです。

まあ、「しがない」「長文駄文」「お時間あればお付き合いいただけますと幸いです」って、のっけから、ずいぶんとご謙遜なさるのね。私たちが、謙遜する文化が深く根付く日本語で話しているからかしらね?

私も「拝読」いたします。どうなさったの?

私は恋愛関係が苦手です。

ワァオ。

あれ、でも、年上の女性の方とお付き合いしていらっしゃるっておっしゃってたわよね?

これまで交際は男女問わず経験しましたが、長くて三ヶ月程で常に私から別れを切り出しておりました。

あら、そういうことだったんですね。

どうしてそうなるのかしら?

私の対人姿勢はひどく奉仕的のようで、不安や不満があっても言い出せずに、溜め込んだ故に耐えきれなくなり恋人のもとを去るのが常でした。

どうしてそうなるのか、ご自分でおわかりになっていらっしゃるのね。言い出せずに溜め込んでしまうことが原因だ、と。しかし、おわかりになっていらっしゃるのに……

別れてくれと告げる度に「嫌なことがあれば話してほしい」「別れる前に会話をしよう」と言われておりましたが、いつもそれから目を背けてひとりを選びました。私を愛してくれた方は皆様誠実で素敵な人間でした。

やはり、言い出せないままお別れになってしまう。

この、「言い出せなくて溜め込んでしまうから別れたくなってしまうんだ」という答えを見つけるまでの道のりも、きっと、大変だったことでしょう。お疲れ様でした。

疲れを癒したら、また次の答えを探したいですよね。一緒に考えてみましょう。「では、なぜ言い出せないのか」。

恋人なら不安不満を指摘しあうべきだ、恋人なら精神的に裸になり会話をすべきだという思考が、相手に対してひどく失礼に思えて仕方がないのです。相手が人道に背く行為をしたのならまだしも、こうしてほしいああしてほしかった、そういった自分の態度がエゴに思えてしまいます。

相手に言われる分には構いませんし、こんな私を愛してくれた人に対して誠実でありたいと思いますから、不安不満があれば我慢せずに告げてほしいと常に考えます。けれどそれを自分が相手にするとなると一歩引いてしまいます。もっと会話をするべきだ、思ったことを言うべきだと理解しながらも踏み出せません。

あら。不思議ですね。

ご投稿者の方は、お相手に対して、「不安不満があれば我慢せずに告げてほしい」と思っていらっしゃる。けれども、ご自分がお相手にそうなさることは「エゴに思えてしまいます」とおっしゃるのね。

それでは、あなたの愛する方はみなさん、エゴイストでいらっしゃるということになってしまいませんか? きっと、そうではないはずですよね。

今、お付き合いしていらっしゃる方はどうなのかしら?

今お付き合いしている彼女に対しても同様の事態に陥っています。

あら。

彼女にこうしてほしい、ああしてほしいと言うことができないまま奉仕的に過ごしている内に、彼女の存在を負担に感じ始めてしまいました。私のことを愛してくれた彼女に対して誠実になれず、彼女にも不誠実をさせてしまっているように思えます。それがとても情けないし申し訳ないのです。

それなのにどうしても、不安や不満をぶつけるような、真正面からの対話ができずにいるのです。彼女は私を愛していると言ってくれました。しかし私はこんな不誠実な気持ちを愛と呼ぶのかもわからぬまま、愛してくれた方に背を向けようとしている愚か者です。

ひえ~! ちょっと待ってちょっと待って、ちょっと待って本当に~!!

もうね、それね、お相手からしたらね、「勝手に奉仕されて勝手に疲れられて勝手に離れられた」って状態よ!? 立場を逆にして想像してご覧になって。どうしてそんなに一人相撲をなさるの? どうして……そもそもどうして、「奉仕しなければ。不平不満は我慢しなければ」って思い込んでいらっしゃるの!?

ちょっと、最後まで投稿文を拝読しましょう。

恋人には思うことすべてを……愛しているとかではなく不安や不満をどうしてもさらけ出さねばならないのか。もし告げなくて良いことがあるのならばどう距離感を保てばいいのか。牧村さんのご意見を伺えればと思います。もしこの投稿がお目に止まりましたらよろしくお願いいたします。

はい。

最後になりましたが、随分と冷え込んでおりますのでどうぞご自愛ください。失礼いたしました。

えっと……

もしや、サムライの方かなにかでいらっしゃる……?

いや、ごめんなさいね。からかって申し上げたのではないのよ。ご投稿文を拝読して思ったのですけれど、なんていうか、ものすごく、「正しい日本の魂!」みたいな世界観を感じるんです。「奉仕! 我慢! 謙遜! 誠実!」みたいな。

すごく知的で、読みやすく、国語的に満点の文章。「○○すべき」という表現がたくさん出てくる。こういう、サムライ感のある、きりりと日本的な文章、どっかで読んだなあ……って考えたんですけど、あれですね。

三島由紀夫ですよね。

三島由紀夫。誰もが知る歴史的文豪ですが、彼がどんな生い立ちであったかご存じでいらっしゃいますか? ものすごい名家の出身だそうなんですよ。もうね、父ちゃん母ちゃんじいちゃんばあちゃん、み~んな学者や官僚だらけ。

本名のインパクトもすごい。「公威(きみたけ)」。公の威光と書いてキミタケですよ。自らも官僚であった父のもと、公の威光すなわち官僚となるよう期待され、ガチガチのビシビシに厳しく育てられ、赤ちゃんの頃からおっぱいを飲む時間すら懐中時計で測って管理され、甘えることを許されなかった。そして三島由紀夫自らもまた、自分自身に、甘えることを許さなかった。

思い返してみてほしいのです。

「もしかして、自分も由紀夫なのでは?」と。

あなたは、何らかの理由で、甘えることを許されずに……いえ、自分が甘えることを自分で許せずにきたのではありませんか? だから、相手に対しては「自分に甘えて欲しい(不安不満は言って欲しい)」と、自分の欲しかったものを差し出すのに、自分自身のこととなると「甘えて良いのだ」という許可を受け取れずにいるのではありませんか? 許可を出してもらっているのに、「嫌なことがあるなら言って欲しい」と言ってくれている相手がいるのに背を向けてしまうから、いつまでも、いつまでも、受け取れないまま差し出し続けているのではありませんか?

由紀夫みたい!!

実は私が、わりと由紀夫なのよ。両親両祖父母が教師という家庭で生まれ育ち、何かあれば「親の顔に泥を塗るのか」という物言いで叱られた。作文で受賞したり、良い成績をとったりしても、私個人の努力が褒められるというより、「家の教育が良かった」「先生のお孫さん、お子さんだから」みたいな話になりがちだった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ハッピーエンドに殺されない

牧村朝子

性のことは、人生のこと。フランスでの国際同性結婚や、アメリカでのLGBTsコミュニティ取材などを経て、愛と性のことについて書き続ける文筆家の牧村朝子さんが、cakes読者のみなさんからの投稿に答えます。2014年から、200件を超える...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shizu8sisiy うーん この連載は響くねー なぜなら私も三島由紀夫だから(笑) 1年以上前 replyretweetfavorite

moru_chimu わかる…!奉仕的な生き方、自分一人の人生なら気分よく貫けるけど、極めて近い他者が現れると巧く折衷しないと破綻しますね… 1年以上前 replyretweetfavorite

fukami_nuu https://t.co/WbYWs7uFRf 1年以上前 replyretweetfavorite

makimuuuuuu 自分が甘えることを自分に許せない、「○○すべき」が口癖のひとにおくります ▼ 1年以上前 replyretweetfavorite