攻める睡眠 守る睡眠

第14回】出張の達人に聞く! 自己流時差ぼけ解消法

世界を股に掛ける商社マンや旅行会社の添乗員はどのようにして時差ぼけを解消し、不規則な生活を乗り切っているのだろうか。現在、活躍中の3人にノウハウを聞いた。

デュアル時計を持参 海外でも日本時間を意識
東條観治(住友商事建設機械事業本部長)

 世界中を飛び回る、という言葉がぴったりの住友商事の東條観治建設機械事業本部長。グローバルで25社、900人の従業員を束ねている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
攻める睡眠 守る睡眠

週刊ダイヤモンド

睡眠とは何か。現代科学はこの問いに明快な答えを持っていない。しかし、近年の脳科学の進歩によって、睡眠のメカニズムが少しずつ解明されてきた。今では、睡眠をおろそかにすると命に関わること、一方で、睡眠の質を高めれば日中のパフォーマンスが向...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません