攻める睡眠 守る睡眠

第13回】快眠を妨げるNG行動

普段の何げない行動が睡眠の質を悪化させていることもある。やってはいけないNG行動を覚えておこう。

NG 1 帰宅する電車でうたた寝 仕事帰りの電車の中──。たまたま座ることができたので、ついつい眠ってしまった。そんな経験は誰にでもあるだろう。しかし、夜ぐっすりと眠るためには、絶対にこの時間帯に眠ってはいけない。

 起床から11~12時間後の時間帯は、深部体温(体の中心部の体温)が最も高くなる時間帯だ。深部体温はここでピークを打った後、夜に向けてだんだん低下し、眠くなっていく。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
攻める睡眠 守る睡眠

週刊ダイヤモンド

睡眠とは何か。現代科学はこの問いに明快な答えを持っていない。しかし、近年の脳科学の進歩によって、睡眠のメカニズムが少しずつ解明されてきた。今では、睡眠をおろそかにすると命に関わること、一方で、睡眠の質を高めれば日中のパフォーマンスが向...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

ot2kobe 全部やっちゃってる気がするのは、私だけ。。。 2年以上前 replyretweetfavorite