専業主婦の家庭から愛が消えるとき。

“愛”を維持するには、ふたりの関係が「プライスレス」でなければなりません。でも、子どもができて、ダブルインカムがシングルインカムになれば、家計の収入が大きく減って「お金」を意識しなくてはならなくなります。これまで対等だった2人の関係が、妻が夫の収入に依存しなくてはならなくなることで、「プライス」だらけになってしまうのです。話題の『専業主婦は2億円損をする』から特別連載。

愛と結婚について考える
『専業主婦は2億円損をする』(マガジンハウス)


プライスレスなものが尊い

 愛とはなんでしょう。それは、値段がつけられないほど大切なものです。だからこれを「プライスレス」としましょう。
 ところで、世の中はプライスレスなものだけでできているわけではありません。コンビニに行けば、値段のついた商品が並んでいます。これは「プライサブル」です。

 彼氏とラブホテルに行って、セックスのあとに「これ、プレゼント」といっておしゃれな指輪をもらったらものすごくうれしいでしょう。そのかわりに、「はい」と1万円札を3枚差し出されたら、ものすごく怒りますよね。
 しかし、よく考えるとこれはヘンです。3万円の指輪と3万円の現金は同じ価値ですし、好きなものをなんでも買える現金のほうが使い勝手がいいともいえます。だとしたら、1万円札3枚差し出されたときも、指輪をもらったのと同じくらい喜ばないとおかしい……。

 経済学者というのはこういうことばかり考えているひとたちで、それで評判が悪いのですが、この理屈はまちがっているわけではありません。だったらなぜ、指輪はうれしくて、現金はものすごく腹が立つのか? それは、「プライスレス」なものを「プライサブル」にしているからです。

 値段のわからない指輪は、(あまりに安物でないかぎり)プライスレスな愛情を象徴しています。ところがそれに3万円という値段をつけると、「お金のためにセックスする女」つまりは売春婦になってしまうのです。

家事をお金に換算するのは大間違い

“愛”を維持するには、ふたりの関係がプライスレスでなければなりません。愛情なんて恥ずかしいことをいわなくても、夫婦や家族のあいだにお金が入ってくると大切なものが壊れてしまうことをむかしのひとはよく知っていました。

 かつては、給料日には封筒に入った現金が社員に配られました。すると夫は、それをカバンに入れて家に帰り、封を切らないまま「はい」と妻に渡します。妻はそこから家計をやりくりし、夫に小遣いを渡していたのです。
 給料が銀行振り込みになると、銀行通帳とキャッシュカードは妻が管理するようになりました。こうして夫と妻の役割をはっきりさせて、ふたりの関係を「プライスレス」にしていたのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

話題沸騰、人生設計の必読書!

この連載について

初回を読む
専業主婦は2億円損をする

橘玲

マスコミから取材殺到、大反響! 新しい働き方と生き方を提案する、話題の書から特別連載。「仕事疲れた、専業主婦になりたい」。そう思っているあなた、ちょっと待って。会社は辞めても、仕事をやめてはいけません。妻が専業主婦というあなた、このま...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

akoroitaku ((( ・ω・)なっとくしたった 2年以上前 replyretweetfavorite

consaba 橘玲「指輪はうれしくて、現金はものすごく腹が立つのか? それは、「プライスレス」なものを「プライサブル」にしているからです。」 2年以上前 replyretweetfavorite

ak_tch 「 こちらはcakesさん。家事を時給換算するシャドーワーク理論を夫婦関係に持ち込むと、プライスレスな関係は壊れてしまうという話です。 2年以上前 replyretweetfavorite