タイで食べられない日本食はない?

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか? 
アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』の中から、日本人にとって一番住みやすい国と言われる「タイ」の最新事情を特別連載いたします!
今回は、タイで日本食がどこまで浸透しているかのお話です。

和食はすでにタイ人の生活に定着した

バンコク中心部の、とあるショッピングモールの中を歩いてみよう。日本の暮らしで見慣れた、いくつもの看板が目に飛び込んでくる。モスバーガー、吉野家、ペッパーランチ、CoCo壱番屋、大戸屋……いまタイは、日本の大手飲食チェーンの進出ラッシュを迎えている。新しくショッピングモールができるときには、必ずこうした店が、いくつも入居する。そしてどこも、それなりにお客で賑わうのだ。

日本全国で見るような大手だけではない。例えば石川県を中心におもに北陸で展開している8番らーめんは、タイ進出が成功し、いまやタイ全土に100を超える店舗を持つまでになった。

また、日本で数店だけ飲食店を経営しているような企業が、次の店をどこに出そうか、と考えたとき、タイは確実にその選択肢に入ってくる……そんな時代になっている。

これらの日本食は決して、日本人在住者や観光客に向けてのものではない。ごくふつうのタイ人が、好んで次々に店に吸い込まれていく。行列している店さえある。

タイでは、一時の日本食ブームを経て、いまや日本食というものが、外食の大きな一分野として、完全に定着したのである。僕たちが外食で中華やイタリアンを食べるような感覚で、タイ人は日本食を食べるのだ。

とはいえ食材の輸送費などを考えれば地元の屋台の10倍はするわけで、モノによっては日本よりも高い。とんかつ屋のランチセット299バーツなんて表記をよく見るが、それって1000円じゃん……なんてつい計算して戸惑ってしまう。でもそんな僕の横を、タイ人OLが涼やかに入店していったりもする。

経済成長によってタイでは給料がどんどん上がっている。そしてタイ人はあまり先のことを深く考えず、貯蓄よりも消費を優先させる。OLさんの給料が高く見積もって3万バーツ、約10万円だとしたら、ランチでとんかつ1000円は、ちょっとやりすぎだと思うのだ。すぐそばには50バーツ(約160円)の屋台があるのだ。それでも、たまにはいいかと、ちょっといいものを食べてみる……。

そんなタイ人の消費意欲と、日本食への好意をあてに、飲食の進出は加速している。大阪から転進してきたある居酒屋の店長は「日本よりタイのほうが、へたしたら客単価が高いんです」と言った。

より活発な市場を求めて、飲食の分野でも「日本離れ」が進んでいるのかもしれない。

家系ラーメンも沖縄料理もある

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

アジア暮らしは誰にでも簡単にできます!

この連載について

初回を読む
アジアの達人が教える、最強のタイ暮らし

室橋裕和

日本での生活にちょっと疲れてしまったら、今での生き方を少し変えてみたいと思ったら…肩の力を抜いて過ごせるアジアで暮らしてみるのはどうでしょうか?  アジア10カ国の移住情報を収めた『海外暮らし最強ナビ【アジア編】』のなかから、日...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません