日本人の死亡原因第3位!「肺炎」のリスクは掃除でも減らせる

エアコンや空気清浄機、加湿器を使い始めたら咳が止まらなくなったという経験はありませんか? その症状、もしかしたらカビによる「肺炎」かもしれません。健康な人であれば命を落とすことはまずありませんが、免疫力の低下した方などには大きなリスクとなります。病気と掃除のプロ・松本忠男さんの著書『健康になりたければ家の掃除を変えなさい』から、「肺炎の原因となるカビ」をお掃除で除去する方法を教えてもらいました。

「肺炎」のリスクは家の中のカビの除去で減らせる

肺炎とは、読んで字のごとく、肺が炎症を起こしている状態です。

免疫力が低下している方、ご高齢の方などに発症しやすく、発熱、悪寒、咳、たん、胸痛などの症状が出ます。肺炎は、風邪がきっかけで発症することも多く、「風邪だと思っていたら肺炎だった」などと、症状を悪化させてしまうケースが目立ちます。

実はここ6年ほど、日本人の死亡原因は、がん、心臓疾患に続いて、 肺炎が第3位の座に居座り続けており、患者数、死亡者数ともに急増している病気です。

肺炎は、近年増えている誤嚥性肺炎に加え、外から細菌、カビ、ウイルス、マイコプラズマといった微生物などが肺に侵入することで発症します。

エアコンを使いはじめたり、空気清浄機や加湿器をつけると、体調がよくなるどころか、逆に咳が出る。こんな症状は、以前の記事でもご紹介した、カビが原因の 「夏型過敏性肺炎」の可能性があります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
健康になりたければ家の掃除を変えなさい

松本忠男

アレルギー、感染症……その不調、間違った掃除が原因です!!◎もっともインフルエンザに感染しやすい部屋は「寝室」◎「トイレのホコリ」の中で、菌は約10倍繁殖する◎「花粉」の季節に玄関をホウキで掃くのはNG◎間違った方法で風呂場を掃除する...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

godmother6 0.02%漂白剤と言うと、ペットボトル1lにそのキャップ一杯分の原液をまぜるとでいる。 8ヶ月前 replyretweetfavorite

finalvent https://t.co/FBn9aXxQYD 8ヶ月前 replyretweetfavorite