​そこまで相手が好きじゃなくてもできる女性

アダルトビデオや風俗産業など、男性をターゲットにした性ビジネスは盛んに行われています。これだけで男性は特定の相手でなくても興奮できる証拠になりますが、では女性はどうでしょう。女性はあまり知らない相手でも性的な興味を持てるのでしょうか?

男性って好きでもない女性でもできる?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

「男性って好きでもない女性とセックスができるんでしょ?」というような質問を、たまにカウンターでされます。「セックスとは好きあってる人同士がするものだ。ただやりたいだけなんて感覚、信じられない。どういう意味ですか?」というような意味なんだと思います。

男性の方、どうでしょうか? 誰とでもできますか? これ、多くの男性が「ある程度以上のルックスの女性であれば誰とでもできる」と答えると思います。男性の方が、比較的誰とでもできるように設定されているようですね。

でもやっぱり例外っていまして、僕は誰とでもセックスをできるわけではありません。この記事を妻が読む可能性があるから、とか、いい人ぶっているわけではありません。僕も多くの女性と同様に、好きにならないとセックスができないんです。だから、「どうしてもこの女性とセックスをしなきゃいけない」なんてことがあったら、その女性と一日デートをして、「あ、この女性、こんな風に笑うんだ。可愛いなあ」って感じて、好きになった後ならセックスできます。逆にそのデートの間に、「うわ、この女性、こんな下品なこと言うんだ」「こんな食べ方するんだ」「嫌だなあ」と感じてしまったら、たぶんその女性とはセックスはできません。

この感覚について話すと、ほとんどの女性が共感してくれます。そうなんです。僕、どうやらすごく女性的な考えらしいんです。よくある女性脳、男性脳を答えるクイズみたいなのでも、必ず「あなたは典型的な女性脳です」という結果が出ます。そして、僕が見たところ、そういう男性は1~2割くらい存在します。もちろん、僕の見た目が女性っぽいってわけじゃないですよ。僕、いたって普通のおっさんです。でも、いろんな考え方が女性と似ているようなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sonoko0511 なんでも白黒きっちり分けるんじゃなくて、グラデーションという見方、考え方は大切にしたいです。/そこまで相手が好きじゃなくてもできる女性|林伸次 @bar_bossa | 11ヶ月前 replyretweetfavorite

t_take_uchi そこまで相手が好きじゃなくてもできる女性|林伸次 @bar_bossa | 11ヶ月前 replyretweetfavorite

reona32 そこまで相手が好きじゃなくてもできる女性|林伸次 @bar_bossa | 11ヶ月前 replyretweetfavorite

thinktink_jp "女性が、女性の群から離れて、一人で行動していると、他の女性の嫉妬の目が気にならないから、好きなように振る舞えるっていうのがあ..." https://t.co/qErshgcDel https://t.co/5U61AokcCE #drip_app 11ヶ月前 replyretweetfavorite