マイナス思考」でポジティブな結果を生む、山本昌の逆説思考法

50歳で現役を引退するまで、最多勝3回、沢村賞受賞、プロ野球史上最年長でのノーヒットノーランや200勝達成など、球史に残る数々の記録を樹立した山本昌さん。32年にわたるそのプロ生活の原動力は、意外なことに「マイナス思考」だったといいます。ポジティブシンキング全盛の時代に“レジェンド”が投げかける逆説の一球は、真っすぐ? それとも変化球?

"緊張しないベテラン"に憧れた若手時代

32年間の現役生活の中で、ぼくは581回も一軍のマウンドに上がった。アマチュア時代やアメリカ留学を含めれば、恐らく千回を超えると思う。

若手のころと全盛期、さらに晩年では、身体の状態や経験値、フォームや周りの評価はかなり異なってくる。ただ、ほとんど変わらなかったこともある。マウンドに上がるときの、あのいやーな緊張感だ。

若手時代、公私にわたって面倒を見てくれたエースの小松辰雄さんが、あるとき寂しそうな顔つきで話していた。

「どういうわけか最近、マウンドに上がるときに緊張しなくなったんだ。これじゃあ、ダメだよな……」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

セカンドキャリアを楽しむためには、ちょっとの努力とコツがいる

この連載について

初回を読む
山本昌の楽しいセカンドキャリア講座|笑顔の習慣34

山本 昌

第二の人生は現役時代より忙しい――。50歳でのプロ野球界引退後、現在は野球解説者、コメンテーターとして引っ張りだこの山本昌さん。「マイナス思考の塊だった」という彼の人生を変えたのは、たった1つの習慣だった⁉ 仕事と趣味の2つの視点でセ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Kazuchoir ネガティブで、真面目な人へ 12ヶ月前 replyretweetfavorite

yamamoto34masa 「笑顔の習慣34」発売記念連載 今回は「マイナス思考、大いに結構」 現役時代の登板前のエピソード もお話ししています。 是非、読んでみて下さい! https://t.co/oTEXFTrlII 12ヶ月前 replyretweetfavorite