彼氏の母親と初対面。そういう時に男に期待したら痛い目にあう

池崎との結婚を真剣に考えている百鳥ユウカさんに何度目かの試練がやってきました。ずっと心の底で気になっていた存在、相手の母親。元彼女のことも気になるけど……、こっちの方も十分気になります!

池崎の元彼女、ハルナとの間に何があったのか?

話のきっかけをなんとか作ろうとユウカが口を開いた瞬間。

「池崎、あのさ……」

「あ、ごめん、電話だ。もしもし、あ、どうしたの、突然。えっ? 来週? うん、うん……」

誰だろう? なんだかとても胸騒ぎがする。

「わかったよ、じゃあ来週」

電話を切った池崎は「フゥ」とため息をついた。

「池崎、誰からだったの?」

「あ、母さんだよ。それがさ、来週末に東京に行くからうちに寄るっていうんだ。まったくいつだって急だから困るよ」

「えっ? 来週末? なんで急に?」

「なんか友達に歌舞伎に誘われたからそれで東京に出てくるらしい。そのついでに、うち寄るって。ユウカさんどうする?」

「どうするって……」

でも、これはいい機会かもしれない。
結婚するならいずれ池崎の親にも会わないといけないわけだし、むしろ気に入ってもらえれば停滞している結婚話がトントン拍子に進むかもしれないもんね。

「せっかく来てくれるんだから、ご挨拶させてもらうわ」

「そう? でもちょっとうちの親変わってるから大変かもしれないけど」

「変わってるってどんな風に?」

「そうだな、まぁ昔の人ってことだよ。今時とか理解できないからさ。だからほんとは同棲してるのも良く思わないと思う」

「え、結婚前に同棲するのはふしだらだってこと? やだな。そんな女に思われちゃうのは。じゃあさ、私は実家に住んでて池崎の家に遊びに来たってことで。ほかに注意しておくことは?」

「……言いにくいんだけど……」

「なによ、言いなさいよ」

「年上ってとこは突っ込まれそうだな……」

年齢については池崎をクリアしたと思ったら、次は池崎の親か。20代ならこんな悩みはなかったのに、35歳の壁がふたたび大きく立ちはだかる。

「もう、また嘘つくわけ?」

(年齢なんてどーでもいい! そう言ってくれる人が本当はいいのに、池崎に本当はそう言って欲しいのに……。でもそれすら言えない自分がもどかしい。)

ユウカは投げやりにこういうしかなかった。

「年齢の話にならないようになんとかしてよ」

「……うん」

「他には? 対策たてとくことある?」

「まぁ、いくら対策立てても、思いがけないこと言ってきそうだからとりあえずアドリブで切り抜けるしかないと思う」

「そんなんじゃ不安だよ。池崎ちゃんと守ってくれるよね?」

「そんなのあたり前じゃないか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年以上前 replyretweetfavorite