無名の技術者の反抗

「私」はどこからきたのか?1969年7月20日。人類がはじめて月面を歩いてから50年。宇宙の謎はどこまで解き明かされたのでしょうか。本書は、NASAの中核研究機関・JPLジェット推進研究所で火星探査ロボット開発をリードしている著者による、宇宙探査の最前線。「悪魔」に魂を売った天才技術者。アポロ計画を陰から支えた無名の女性プログラマー。太陽系探査の驚くべき発見。そして、永遠の問い「我々はどこからきたのか」への答え──。宇宙開発最前線で活躍する著者だからこそ書けたイメジネーションあふれる渾身の書き下ろし!人気コミック『宇宙兄弟』の公式HPで連載をもち、監修協力を務め、NASAジェット推進研究所で技術開発に従事する研究者 小野雅裕がひも解く、宇宙への旅。 小野雅裕の書籍『宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─』を特別公開します。


もちろん、フェジットは理由もなく月軌道ランデブー・モードをこき下ろしたのではない。当時の技術では、ランデブーのリスクが高すぎると思われたからだ。

もし月軌道ランデブーに失敗したら、月着陸船の宇宙飛行士が地球に帰る術はない。司令船で留守番をしていた宇宙飛行士は仲間を生きたまま見捨てて帰るしかなくなる。見捨てた仲間の最期の声を、電波を通して聞きながら……。一方、地球軌道ランデブーならば失敗しても地球に安全に帰還できる。

なぜランデブーが難しいのか? 想像してほしい。月は地球より小さいとはいえ、その表面積はアフリカ大陸よりも広い。アフリカ大陸のどこかにいる二匹のライオンが、GPSもなしに待ち合わせ通りに落ち合うことなど可能だろうか? しかも司令船は時速6000㎞もの猛スピードで飛んでいる。速度も正確に一致させなければドッキングはできない。そしてチャンスは一度しかない。失敗すれば宇宙飛行士は死ぬ。

リスクはあまりにも高いと思われた。ハウボルトは何度も月軌道ランデブーを売り込んだが、皆の反応は同じだった。

「クレイジーだ。」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙に命はあるのか ─ 人類が旅した一千億分の八 ─

小野雅裕

銀河系には約1000億個もの惑星が存在すると言われています。そのうち人類が歩いた惑星は地球のただひとつ。無人探査機が近くを通り過ぎただけのものを含めても、8個しかありません。人類の宇宙への旅は、まだ始まったばかりなのです…。 NASA...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tipi012011 凄い。そしてフェジットの発言に対して何と回答したか知りたい。 1年以上前 replyretweetfavorite

syouwaoyaji https://t.co/df0lnS3sR2 1年以上前 replyretweetfavorite

rockblog2685 小野さんの記事。面白いし宇宙の話大好きです。 https://t.co/NM1k24L6wL 1年以上前 replyretweetfavorite