女子は大接戦でアメリカ優勝、スマイルジャパンは健闘の6位

今回の五輪、下位に合同チームだけがいる7位と、スウェーデンを破っての6位では意味合いがぜんぜん違います。世界選手権トップディビジョン(世界8チーム)で上位を狙える位置にいる事を示したからです。U18"リトル"スマイルジャパンもトップに昇格済み。未来に向けて良い布石!【小説の展開】社会人男子チームと練習試合を続けるスマイルジャパンだが連戦連敗。どうすればもう一段、上のレベルへ行けるのだろう。まずは成功イメージを持つこと。そして努力を続けること。それしかない。


▷オリンピック情報

女子アイスホッケーは大接戦の末アメリカが優勝!(NY TIMES)


14.お前たちは、そんなチームに勝ちたいんだろう? 今は無理でも階段を上って行くんだろう? てっぺんにたどり着くためには、てっぺんの景色を思うことだ。

 カーテン越しの薄明かりのなか、私はスマホの着信で起きた。出てみると啓太だった。
「起こしちゃったか?」
「むにゃ、むにゃ、おはよう。いま何時?」
「昼の12時だよ」
「あら、じゃあ、そろそろ起きないと」
 寝坊したわけではない。この日の集合は夜6時である。強化練習期間なので仕事は休み、夜の練習時間に合わせて睡眠を取る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
小説「スマイル」。女子アスリート冒険物語

松宮宏

「スマイルジャパン」に架空の選手「アン」を加えて進む小説。アメリカでアイスホッケーに出会った「アン」はジュニアを経て全米大学選手権で活躍する。日本代表はアンを帰国させるがソチは全敗、アンが所属する事になった社会人チームもリンク閉鎖の危...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません