デビット・ボウイの左目の瞳孔は、常に完全に開いていた!

左右の瞳孔は、通常、同じ大きさですが、2016年に死去したイギリスのロック歌手、デビッド・ボウイの瞳孔はいつも完全に開いていました。瞳孔散大は、心停止、呼吸停止とともに「死の三徴候」とよばれ、医師が死亡を確認するときの診断基準にもなるそうですが、果たしてボウイに何が起きていたのでしょうか? 医療小説の奇才・久坂部羊センセイが、体のヒミツを徹底解剖! 重版で話題の『カラダはすごい!』もよろしくね。

左目が眩しいデビッド・ボウイ

最近、虹彩の紋様で人を特定する「虹彩認証」が実用化されつつありますが、これは虹彩の紋様(母親の胎内で眼球が形成されるときに虹彩にできる皺)が、2歳前後から一生変化しないことから考案されたものです。

虹彩が退いて瞳孔が開いた状態を「散瞳(さんどう)」、虹彩が伸びて瞳孔が縮んだ状態を「縮瞳(しゅくどう)」といい、大きさは直径8㎜から2㎜程度まで変化します。

瞳孔の大きさは、光の量だけでなく、神経の働きでも調節されます。瞳孔散大筋は交感神経、瞳孔括約筋は副交感神経で収縮します。交感神経は「闘争か逃走(fight or flight)」のときに興奮する神経なので、視覚情報力を高めるために瞳孔を開き、逆に、休息のときには副交感神経が興奮して、ゆっくり休めるように瞳孔を縮めて視覚情報を減らします。

瞳孔の大きさは、薬で調節することもできます。眼科の診察では「眼底」(網膜)を見るために、眼球内に光を当てますが、光が入ると縮瞳になって、中が見えにくくなります。そこで「ミドリン」という点眼液を使って、瞳孔を広げて観察しやすくします。瞳孔が開くと、必要以上に光が入るので、とても眩しく感じます。医学生時代、眼科の実習のときに、試しにミドリンを自分の眼にさしてみたら、曇りの日なのに快晴のように明るく見えました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

モーツァルトの耳はヘン? 謎がいっぱいの医学の世界へようこそ!

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

asyara28 https://t.co/mQ2ePOtECG 8ヶ月前 replyretweetfavorite

seirentei ……ボウイの左目は義眼。 8ヶ月前 replyretweetfavorite